こんな保険金もある!会社を長期休業する際の傷病手当金とは

投稿日: 


傷病手当金は病気やケガの為に長期休養を余儀なくする際に、給与が支給されない間の生活を補償するために健康保険制度から支給されます。

傷病手当金

公的健康保険制度に加入している被保険者で、仕事中以外のことが要因で病気やケガをして仕事を休んでいる期間、生活費を補償してくれる制度のこと傷病手当金といいます。仕事中のものが要因で発症する病気やケガを補償するのは、労災保険ですから注意が必要です。また、この傷病手当金は市町村管轄の国民健康保険には存在しない給付金です。この傷病手当金は支給条件として次の要件を満たしていないといけません。

  • 病気・ケガによって自宅療養している
  • 病気・ケガによって仕事に就くことができない

仕事を休んでいる為に、給与を支給されていないときに手当金として支給します。もし、わずかながら給与が支給されている場合は差額を支給します。休業してから連続する3日以上の待機をしている期間ののち、4日目から支給開始されます。

支給内容

  1. 金額―休業1日につき、標準報酬日額の3分の2が支給されます。自宅療養でも入院している場合でも同額の手当金です。
  2. 支給期間―支給されることとなった日から1年6か月となっています。
  3. 併給調整―以下のような場合は調整されます。

【支払するときの調整方法】

  1. 出産手当金
    まずは出産手当金の方を優先します。その後、傷病手当金が受けられます。
  2. 老齢厚生年金・障害厚生年金
    年金を受給している場合は、傷病手当金は支給されません。ただし傷病手当金を下回るような年金の受給でしたら、差額を支給します。
  3. 労災保険の休業補償給付
    労災保険の給付を受けているようでしたら、傷病手当金は支給されません。

申請手続き方法

  1. 病気・ケガで長期休養となった際には会社に報告します。
  2. 会社で申告書を準備してくれます。
  3. その申告書を病院に行って、長期休養を証明する為に医師の証明印をもらってきます。病院によっては1週間以上かかる場合があります。またこの医師の証明は費用がかかります)
  4. 医師の証明印をもらいましたら、会社に提出して申請依頼をします。
  5. 保険者である「健康保険協会」等に申請書を提出します。
  6. 約1か月後に、被保険者の指定する口座に振り込まれます。(会社の口座ではなくて、従業員である被保険者に直接振り込まれます。)
  7. これを基本的に1か月サイクルで実施します。

傷病手当金を必ず利用しましょう

会社の担当者の方は、社会保険関係の業務に慣れていない場合、知識として傷病手当金を知らない方もいらっしゃいます。せっかく健康保険に加入して保険料も給与から天引きされていますので、使わないことは損をすることになります。長期休養中の生活費をサポートしてくれる、傷病手当金を是非利用しましょう。

著者の情報

FPの トータルプランニング
FPの トータルプランニング
ファイナンシャルプランナーの資格を有している、トータルプランニングです。金融商品の専門家として自動車保険から医療保険までさまざまな保険商品をわかりやすくお伝えいたします。

カテゴリー:専門家による記事,医療保険