自動車保険の口コミでは見えない!?専門家が解説!口コミだけではわからない通販型自動車保険の事実について

投稿日:2018年2月26日


自動車保険を通販型の自動車保険に変えようと思うかたは、毎年毎年少しずつ増えているかと思いますが、何か見えない不安がありますよね。だから今、「自動車保険 口コミ」と検索されていると思います。その不安な要素が何なのか、自動車保険の専門家として紐解きたいと思います。最後までぜひお読みください。

世の中の自動車保険の口コミサイト(特にランキング情報)は役にたたない

いきなりこんなことを書いたら、口コミサイトの方から怒られるかもしれませんが、各サイトとも調査方法が適切だとは思いません。だから、役に立たないデータだと考えております。その理由が調査方法にあります。

インターネットによるアンケートの実施だからです。

皆さんも何となく感じられているかもしれませんが、インターネットによる回答はとても偏るんです。色々な技術を使って平準化しているとはいえども、その時点でやはり適切な回答にはならないのです。

回答者が偏るのです。特殊な能力がある人の回答になるので、世の中一般的な回答にならないのです。電話でランダムに回答を集めたり、路上で回答を集めるものと全く異なってくるのです。

ここからは個人的な経験値に基づく話です。損保業界は東京海上日動火災を筆頭に、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上といわゆる優秀な学生(人材)が流れていきます。実際に就職希望ランキングを発表しているサイトではこんな結果になっています。

2017年就職希望企業ランキング:総合(キャリアパーク/就活)

  1.  三菱東京UFJ銀行
  2.  東京海上日動火災保険
  3.  三井住友銀行
  4.  損保ジャパン日本興亜
  5.  みずほフィナンシャル・グループ
  6.  全日本空輸(ANA)
  7.  日本航空(JAL)
  8.  サントリーグループ
  9.  三井住友海上火災保険
  10.  トヨタ自動車

(出典:http://www.disc.co.jp/pressrelease/detail/ranking201604-3974.htm)

損保会社の上位三社の順番はこの20年間、いやそれ以前から変化がないのです。一般的にパフォーマンスが高いという学生(人材)がこの3社に流れていき、いい仕事をし続けているのです。

私の現場の感覚を申し上げると、上位3社の人材は打ち手の多い方です。更に、細やかな対応をする可能性が高い人材が多いのが上位3社の人材だと感じておりました。

今では当たり前のように付帯される、人身傷害保険を開発したのは東京海上ですし、積み立て型の自動車保険の「もどりっち」を最初に売り出したのは、住友海上でした。

上位三社とその他の会社では人や文化、仕事に対するこだわりに違いがありました。提出される書類一つ見ても違いがあるのです。しっかりしている方が多いと感じておりました。

本来であれば、このようなアンケート結果には、この大手三社が出てくるべきなのですが、調査方法が偏っているので、大手三社以外の会社が上位に顔を出すようなことが発生してしまうのです。

損害保険会社も随分統廃合が進んだわよね~♪

 

自動車保険の口コミランキングをうたっているサイトを検証してみましょう

口コミランキングサイトと言えばいくつかイメージがわくかと思いますが、代表的なサイトを3つ取り上げてご紹介することにいたします。評価ランキングが1位から10位まではわかるようにしておきますね。

オリコン顧客満足度ランキング (自動車保険のランキング・比較)

  1. ソニー損保
  2. チューリッヒ保険
  3. セゾン自動車火災
  4. イーデザイン損保
  5. AIG損保
  6. アクサダイレクト
  7. 三井ダイレクト
  8. 東京海上日動
  9. 日新火災
  10. 三井住友海上

oricon MEでは、2006年からさまざまな産業で顧客満足度調査を実施しています。 当業種においては、20社を対象に調査を行い、過去4年以内に実際に自動車保険を利用した14,458名の方からの回答を得ました。

オリコンランキングの場合、項目ごとのランキングがあるのですが、一番最初に表示される総合ランキング結果だと思います。更新日は2018年1月4日です。

価格.com自動車保険満足度ランキング

  1. SBI損保
  2. イーデザイン損保
  3. セゾン自動車火災

順位を明確に表示しているのはここまでです。ここから先はおそらく順位なのでしょうが、リストとして表示されています。

  • ソニー損保
  • チューリッヒ保険
  • 三井ダイレクト
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • AIU保険
  • 東京海上日動

調査対象過去半年以内に価格.comを利用した方のなかで、現在自動車保険(任意保険)に加入している、もしくは事故時等に保険会社に連絡をしたことのある方(カカクコム調べ 実査委託先:マクロミル)

調査期間は2017年11月16日から28日ですので、おおよそ同じような時期に行った結果になると思います。

口コミランキング(https://kuchiran.jp/)

  1. ソニー損保
  2. セゾン自動車火災
  3. イーデザイン損保
  4. チューリッヒ
  5. 三井ダイレクト
  6. アクサダイレクト
  7. SBI損保
  8. セコム損保(同7位)
  9. 三井住友海上

※2017年12月の自動車保険 口コミランキングは、クチコミランキング編集部調べです。

※2017年12月の自動車保険 口コミランキングに掲載されている口コミは投稿者の体験談であり、意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

横浜の桜木町にある小さな会社ながらも、口コミランキング集のコンテンツを作り続け、今でも検索結果では上位に出てきます。

3社の口コミランキング結果に違和感を感じませんでしょうか

3社の口コミランキング結果をみてどのように感じられるでしょうか。少なくとも損保業界で働いている者からすれば違和感を感じるでしょう。

ここで2016年4月から2017年3月までの主な保険会社の元受収入保険料を確認したいと思います。

元受正味保険料(2016年度)

  • 東京海上日動火災(105.1百億円)
  • 損保ジャパン日本興亜(107.8百億円)
  • 三井住友海上(65.9百億円)
  • あいおいニッセイ同和(66.1百億円)
  • イーデザイン損保(2.5百億円)
  • セゾン自動車火災(2.8百億円)
  • 三井ダイレクト(3.7百億円)
  • ソニー損保(10.0百億円)
  • アクサダイレクト(4.9百億円)
  • SBI損保(2.3百億円)

圧倒的に大手3社がシェアを占めています。通販型自動車保険の先駆けであったソニー損保ですらシェアはわずかなものです。つまり、東京海上日動や損保ジャパン日本興亜社が入ってこない口コミランキングは本来考えられない結果の口コミランキングなのです。

 

本当だ!テレビCMで知っている会社もあるけど、僕が知らない会社が結構あるよ。

そうよ、テレビCMの広告費もおさている保険会社もあるのよ~。

 

自動車保険ランキングの鵜呑みは危険!?自動車保険とインターネットの世界で感じた違和感

高校や大学の集まりがありましたら確認してみてください。どこの保険会社に自動車保険を契約しているかと聞くと、ほとんどの方が、東京海上日動・損保ジャパン日本興亜・三井住友・JA共済、全労済などと回答してくると思います。

先ほどのシェアの通りです。

ところが、インターネットを介して色々な取引を得意としているサービスサイトのユーザ。例えば、インターネット銀行や証券に口座を持っている方を対象にどこの保険会社に自動車保険を契約してるか確認すると、全く異なる回答になるのです。

ソニー損保、アクサダイレクト、チューリッヒ、SBI損保、イーデザイン損保などなど。

これらの通販系の自動車保険に加入しているという方が、半分を超えてもおかしくないようなことが発生するのです。アンケートの調査対象者が偏っているのです。

私は口コミ自体はそこの保険会社(除く代理店のサービス)のサービスを受けた事実として、どれも受け入れて問題はないと思います。ただし、ランキングをそのまま鵜呑みにするのはやや危険な感じがしてなりません。

危険カメー

 

自動車保険はどのように決めたらいいのか

このサイト内では皆さんに情報がきちんといきわたるまで、何度もお伝えさせていただきたいと考えていることがあります。それは、何のために自動車保険に入るかです。自動車保険は死亡事故を起こした時のためと思ってください。

私がどんなに自動車保険の運転が得意でも、避けきれない事故というのは発生します。走行中の事故であれば前方不注意でこちらも過失を取られるケースがほとんどになります。

万が一の死亡事故に備えて自動車保険に加入すると考えてください。では、死亡事故が起きたときに何が発生するか。ここを見てみたいと思います。

自動車事故で死亡事故を起こし逮捕されることを考える

自動車事故で相手を死亡させたからと言って、必ず逮捕されるということではありませんが、逮捕されるのは一般的に危険と言われるような運転運転をした場合と考えてください。

例えば、制限速度を大幅に超える制御が難しくなるような速度での運転。あるいは、無理な割り込みや幅寄せ。または、赤信号を無視した場合など。飲酒や薬物による制御不能な状態での運転はもちろんです。

どうしても急ぎのため、スピードを出して運転していたところ、思いもよらず人が飛び出してきて跳ねてしまった。起こりえる事故です。

さて、相手が亡くなってからどうなるでしょうか。

運転していたあなたはまず逮捕されることがあります。逮捕されてから、48時間以内に検察庁へ送られるかどうかが判断されます。ケースによっては書類だけが検察に送られるということもあります。

次に検察庁では24時間以内に勾留するかもしくは釈放するか、起訴するかを判断されます。勾留された場合、1週間以上は家に帰れないと思ってください。さて、その間に外の世界では何が起きるでしょうか。

 

これ知っておきたいです!何が起きるの!?

亡くなられた方の通夜式・告別式が行われる

亡くなられた被害者の方の通夜式や告別式。一般的に考えれば亡くなってから一週間以内に行われます。加害者サイドにとっては非常につらい視線を感じる通夜式であり告別式です。

ここで考えて頂きたいことがあります。あなたが加害者として勾留されていた場合、通夜式や告別式に参加できますでしょうか。無理です。参列できません。そのような場合、ご家族の方が1人で参列しますでしょうか。

あなたが加害者として勾留された場合、当然顔を出してお焼香をすることはできません。おそらく、ご家族の方。配偶者の方が出席される形になると思います。非常に辛いことをご家族の方や配偶者にお願いしなくてはいけません。

このような時に大きな違いが出るのが、加入している保険会社なのです。そして、通販型自動車保険の弱点がここにあるのです。

保険会社が示談交渉を始めるのは49日の法要(喪中)があけてから

私の加入している保険会社が色々サポートしてくれると思いたいのですが、保険会社は積極的な示談交渉を49日の法要が終わるまで行いません。喪中にお金の話をするなど、不謹慎だと思われるからです。

相手からお葬儀にかかる費用について連絡があったとしても、残されている家族・配偶者がすべて間に入って対応するということが考えられます。

先方からの連絡で、いつ通夜式や告別式が行われるということがわかっているなか、家族・配偶者は参列せずにいられますでしょうか。今後のことも考えて、お香典をもってあがるのが一般的な感覚かと思います。

通販型自動車保険では通夜式・告別式に家族・配偶者が1人で行くことになる

通販型自動車保険の最大の弱点は、最も辛い死亡事故を起こしたときに、一緒に通夜式や告別式で盾となって「頭を下げてくれる人」がその場にいないということなんです。その場で盾となってくれる人がいないのです。

「弁護士特約に入っているから大丈夫!」と思われるかもしれませんが、弁護士さんは頭を下げるのが仕事ではありません。問題を解決させるのが仕事です。実はこれは代理店さんの仕事なのです。それを省いたのが通販型自動車保険なのです。

通販型自動車保険に加入すれば、自動車保険は確かに安くなります。ただし、一緒に頭を下げてくれる代理店さんを失うという事実を忘れないで欲しいのです。

保険料の違いは確かにありますが、その金額は万が一のために支払えない金額の違いなのかしっかり確認をしてください。そして、万が一のときに耐えられるメンタル(心)があるかを確認してください。

あなたが一人身で事故を起こしても、すべて自分で吸収するということになるような方であれば問題はないと思います。残された方に迷惑をかける可能性がある場合、本当に大丈夫なのか。しっかり検討の上通販型に移行してください。

 

知りませんでした!旦那さんが運転者なら奥さん一人に行かせることになるリスクがあるということですね?

そうよ~。安いのは大切なことだけど、失っている物事があることも理解してほしいわ~。

 

私は本当の安心を求めて大手損保会社の代理店に自動車保険をお願いしています

私の自動車保険の決め方があります。以下の要素できめます。

  1. 地元の専業代理店さんであること
  2. できればベテランであること
  3. 大手の損害保険会社の商品を取り扱っていること

各大手損害保険会社のホームページを見れば、どこに地元の代理店さんがいるか検索することができます。私も引っ越しをしてから、まずインターネットで代理店を検索しました。

そして、保険料が通販型自動車保険より高くなることを承知しながら、最悪の死亡事故事案を考え、自動車保険に熟知した地元の専業代理店さんにお願いをしております。

たった数万円の違いで、万が一のときに残される家族に辛い思いをさせるリスクを負い続けたくありません。これこそ保険だと思っています。

また、ここでなぜ地元の専業代理店さんかというと、保険ショップのような代理店の場合、人の出入りが激しく、翌年いなくなっている可能性があるのです。長くその地に居続けてくれる方。何かのときすぐに駆けつけて頂ける方。

このような方を求めて私は今も自動車保険に加入し続けております。

また、選択肢として専業代理店と申し上げましたが、自動車を購入した自動車販売会社の営業担当者がやり手の方であれば、それでもかまわないと思います。一緒に家族のカーライフを守っていただける方です。

バランスカメ~!

 

最後に

自動車保険 口コミ」というワードで自動車保険の新規契約や更新前の情報収集をされていたかと思いますが、一番重要なのは通販型自動車保険と代理店を介した自動車保険の違いは死亡事故にあるという点。

最後までお読みいただいた方には理解いただけたかと思います。本当の安心とは何なのでしょうか。

私自身、安い保険料で高い補償を得られるのであれば、それはとてもいい話だと思っています。ただし、きちんと前提を理解してからでないと、何のために保険料が安い通販型の自動車保険にしたかわからなくなります。

ご自身が置かれている状況をよく勘案したうえで、加入される自動車保険会社は選べられるようにしてくださいね。

(Visited 303 times, 1 visits today)

著者の情報

日吉 浩之
日吉 浩之自動車保険の専門家
国内系大手損害保険会社でにて主に自動車販売会社の代理店営業を経験したのち、日本最大級の一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ」の運営に従事。生損保約40社とのビジネスを介して、保険のダイレクトマーケティングを行ってきました。

カテゴリー:編集長コラム,自動車保険