ペット保険の加入を検討中の方へ。アニコム損保とアイペット損保のペット保険を比較してもらいました

投稿日: 

アニコム損保とアイペット損保どっち

犬や猫などのペットが家庭内で多く飼われるペットブームが続く中で、ペット保険のニーズもどんどん高まっています。そんなペット保険を取り扱うペット保険の大手2社といえるアニコム損保アイペット損保のペット保険についてWEBユーザに比較調査を依頼してみました。

アニコム損保とアイペット損保

アニコム損保とアイペット損保が取り扱う犬・猫(ペット)向けのペット保険を新規契約するとした場合、どちらの保険会社に加入したいと回答数が多くなるか調査いたしました。調査内容は、

  1. 2頭目のペットを新規で契約するさい、HPにおける割引制度のわかりやすさ
  2. 2社を比較した結果、新規契約したいと思う保険会社

の2点についてです。

2頭目のペットを新規契約する際、割引に関する説明がわかりすい保険会社はどっち?アニコム損保 vs アイペット損保

アニコム損保、アイペット損保ともに大きな違いは生まれませんでした。2頭目以降のペットに対する割引は、自ら申告する必要があるので必ず申し出るようにしてくださいね。車の保険と異なり、個々の保険契約に割引が適用されるようですよ!

アニコム損保の説明がわかりやすいと回答した9名のユーザボイス】

  1. まず一番最初にこういう保険は分かりやすく説明してくれるかが重要であってそこがアニコムのほうが説明が丁寧にされているなと感じました。ご質問のページが上部にあるのもいいことだと思いますペット保険に入りたいけどよくわからないから入らないという人も多いと思いますし自分もそうなのでそういう配慮がされているなと思いましたね。

  2. アニコム損保は表示されている文字が大きくシンプルだった事と使っているベースの色もグリーン系が多く、赤色々やピンクを使われるより目への刺激も少なくて見やすかったです。項目事にクリックをして次ページへ移るので迷ったり入力をやり直す様な事もなかったからです。

  3. アニコム損保の方はインターネットから申込むのページに多頭割引についてどのくらい割引になるのか記述があるのでわかりやすかったです。アイペット損保の方は多頭割引についての記述を簡単には見つけられなかったためです。

  4. アニコムとアイペットのホームページを比較をして、個人的な感想ですが、アニコムのHPの方が見やすく多頭割引などの各種割引一覧なども分かりやすかった。逆にアイペットは、バナーなどの影響や乱雑な印象を受けました。

  5. アニコム損保の方がよくある質問で「割引」と入れて検索した際、アイペット損保よりも多頭割引きの情報が多くでてきますし、保険商品の内容を見てもすぐに多頭割引きの文字を見つけることができわかりやすいと感じました。

  6. アニコム損保は通院・入院・手術時それぞれの支払い限度額と限度日数がページの最初に載っていたので、内容がわかりやすかった。続いて、保険金の計算方法や契約条件が出てきて、加入した場合の保険料は下の方だったが、まず保険の内容が羅列されていた方が検討しやすいと思うので見やすかった。

  7. アニコムの方が体裁が整っており、まずこれから契約しようかなと思った時にどこから資料請求すれば良いのかが分かりやすかった。また色合いがグリーンで統一されているので落ち着いた印象があり、安心感があったこともプラスの要因になっていると思う。はじめてのペット保険、という言葉がすぐ目につくのでそこを見てみようとすぐ思えるのも良い。

  8. アニコムの方が写真を多く使われていて見ごたえがある点と、細かい文字ばかりが並んでいるばかりでないので見やすいと感じました。対応病院数もトップページに出ているので、その数の多さから魅力的にも見えると思います。

  9. アニコムは面倒な入力は必要なく、犬種と年齢だけで簡単に見積もりができるので、その後の契約など様々な手続きも簡潔でわかりやすそうなイメージです。プランや補償内容も簡単でわかりやすい。トップページの受賞歴を見ただけでも信頼できそで好印象。

アイペット損保の説明がわかりやすいと回答した11名のユーザボイス】

  1. アイペット損保のほうは、2頭のペットを新規契約する場合は特別な割引が効くということが、トップページから分かるのですが、アニコム損保は、トップページからそのことが分かるような表記がなかったような気がします。

  2. トップページに今すぐ見積もり&お申込みというアイコンがありました。目立っていましたし、すぐに目に飛び込んできましたので、アイペットさんの方が分かりやすいと感じました。他の項目のアイコンも分かりやすいので、使うならアイペットさんかなあって思いました。

  3. アイペット損保はトップページの読み手に知ってほしいことが自動的に流れるようにでてくるので 自然と目で追ってしまい気になる項目などクリックしてしまうと思います。写真が感じがよく素敵な画像を使っているのが 最初は比較検討も視覚から入るのでいいと思いました。

  4. トップページを見た時に、まずどこを見たら良いか(うちの子orうちの子light )わかる。カラフルな絵や図で具体的で細かな部分まで説明が書いてある。金額や請求方法も図解してある。漫画があり、いざという時の事が想像しやすいと感じた。

  5. アイペットはHPをみていくうちに多頭割引の説明があり、2頭だと2%割引などわかりやすはっきりとした価格が表示されていましたが、アニコム損保ではQ&Aのページに説明があり、なかなか見つけることができませんでした。

  6. アイペットさんは多頭割引に関する情報が以下で手繰れました。「トップ>ご契約にあたって>割引制度について>多頭割引」また導線も自然な感じです。対してアニコム損保さんは該当の情報を見つけることができませんでした。「TOP>商品の案内>どうぶつ健保ふぁみりぃ」で探しましたが2頭目の割引制度について探せずです。

  7. アニコムはPDFファイルを開いて多くの量の文章の中に多頭割引の説明があったのに対して、アイペットは別ファイルを開く必要がなく、保険商品ごとに説明がまとめられていてスッキリしていると思いました。割引制度のタブがすぐに見つかり、余白やイラストの効果があって読みやすかったです。

  8. 二つのHPを比較したとき、アイペット損保は特約についてまとめて説明されているページで確認でき、内容についても保険料割引率までイラストを交えて人目でわかったのに、アニコム損保では割引があることまでしかわからず、情報も探しにくかった。

  9. 普段、インターネットに触れる機会の多い私としてはアイペット損保の方が値段のイメージがつきやすく、かつ説明のリンクも充実しているため、じっくり見ようと思えた。そのへんはアイコム損保の方はシンプルだが、お金にシビアなお客さんからみたら不親切に思える。

  10. アニコム損保のサイトは予防接種やしつけの方法などを多く掲載されているので、保険そのものの説明が少しわかりづらい気がしました。記事のレイアウトなどは良い気がしました。アイペット損保のサイトは保険の説明は分かりやすいのですが、サイトのデザインはシンプル過ぎる気がしました。

  11. 割武器制度につての情報を探した時にアイペットの方は割引制度の項目ですぐ見つけることができたのですが、アイペットの方はどこにあるのかわからずQ&Aで検索して見つけました。アニコムの方は最初から割引があると知っていないと見つけることができないと思いました。

比較検討の結果、2頭目のペットを新規契約するならどっち?アニコム損保 vs アイペット損保

ユーザの比較検討の結果も、ほぼホームページの印象と同じ結果になっているようですね。ホームページは会社の顔としての役割を果たすということが、とてもよくわかる回答になっていると思います。

アニコム損保に契約をすると回答した9名のユーザボイス】

  1. アニコム損保を選ぶ一番の理由としてはこちらが知りたい情報をしっかりと明記してあるところですねまずペット保険というものの説明を先に見られるのが嬉しいところであり気を付けたい予防法なども書かれていて為になるなこういうの知りたい情報だなというのが多く書かれていたのが一番いいなと思ったところですね。

  2. アニコムを選ぶ理由は、見やすいホームページだった事が1番です。操作もしやすくて、多頭飼いをしている有無を見積もりの段階で確認してくれたので、今後契約をしていく際に起こりうるであろう2度手間などが回避できる事が考えられたからです。

  3. どちらの保険会社もさほどの差はないと思いますが、ホームページをみたときの第一印象でアニコム損保のHPが見やすかったこと。補償内容特に、特約などはさほど差はない印象を受けました。保険料については保険を使うことによって保険料の割引割増があるところは自動車共済に似ている印象を受けました。

  4. アニコム損保はサイトだけ見ても保険の内容がいまいち把握出来なかったが、見積の入力フォームが入力しやすくてよかった。逆にアイペットの方はいきなり個人情報を求めてきたのでかなり抵抗を感じるサイトづくりだなと思った。

  5. アニコム損保は通院の補償もあるため、こちらを選びました。補償内容を入院や手術に限ってしまうと、もし何かのケガや病気で通院が必要になったときせっかくペット保険に入っていても保険を活かせないので、もったいないと思いました。

  6. 保険そのものの説明はアイペット損保の方が分かりやすいような気がしましたが、アニコム損保のサイトの方が、ペットを飼ううえで必要な知識が豊富に掲載されているので、長く付き合うならアニコム損保の方が良いような気がしました。

  7. その場ですぐに保険料の支払いを対応できる動物病院の数が多いことと補償内容が充実していること。保険の自己請求がけっこうややこしい印象があるので、多くの動物病院でわずらわしくなく利用できそうなアニコムを使いたいと思います。

  8. 対応病院で有効性が確認できればその場で保険が適用されて差額分だけの支払いで済む点が魅力なのでアニコムの方を選びます。後日請求しなきゃいけないとなると申請もめんどくさいので、やはりできればその場で適用がベストです。

  9. アニコム損保とアイペット損保を比較した結果、補償は同程度なのにアニコム損保の方が保険料が安いです。コストパフォーマンスの面から考えて、断然アニコム損保が良いです。見積もすぐに取られて内容もわかりやすいので安心です。

アイペット損保に契約をすると回答した11名のユーザボイス】

  1. アイペットは割引という文字がすごく目合っていて、お得感がありました。ページ全体の色も優しい感じでペットのホームページにぴったりだと思いました。説明も丁寧なような気がします。アイペット損保を選びたいなと思いました。

  2. どちらも初めて見るサイトでしたが、アイペットさんの方が数倍見やすかったです。どんな人でも一目でわかるサイト作りは大切なことだと思いますよ。書体やロゴを工夫して、視覚的に訴えているのはアイペットさんの方だなあと感じました。

  3. 比較検討も最初は視覚から入るため。金額だけではなく保険はサポートしてくださる方が人間なので 親切丁寧さを求めてしまうので。アイペット損保のサイトがわかりやすく丁寧だと サポートも丁寧なのではないかというイメージを受けたから。

  4. アイペット損保のうちの子Lightという商品の90パーセント補償が魅力的に思えたからです。アイペット損保のうちの子とアニコム損保のどうぶつ健保ふぁみりぃを比べるとうちの子の方が補償額が大きいからです。

  5. アイペット損保の見積金額がアニコム損保と比べて安かったことです。また、病院窓口でそのまま精算が出来るのとのことなので、後の面倒なお金の請求処理が少なそうなことや、窓口で精算できる病院が多いこと。更に、多頭飼いの割引が大きいことなどが理由です。

  6. 動物病院費用で一番金額がかかるのは、手術入院の場合なので、アイペット損保のうちの子ライトは手術入院のみを補償し、通院補償はないことで保険料が安くなっているプランがあり、魅力的だと思いました。またいろいろなペット保険がある中で、歴史もある会社であることも安心できそうです。

  7. アイペットさんのほうが保険料が安かったです。また保険の試算のページが探しやすいことも理由です。対してアニコムさんは試算のページが探しにくいです。開いたページの一番下にあるので、最初どこで試算できるかわからず、うろうろしました。アニコムは全体的に導線が悪いと思います。

  8. ホームページを見る限りはアニコムの方が良いと感じてたのですが、見積もり入力作業の時にアイペット損保の方は、トイプードルに加え猫の情報の入力することができ、今回のシチュエーション「子犬と子猫を同時に飼い始めたとします。2頭のペットを新規契約する場合」を考えたら断然こちらの方が良いと思いました。

  9. アイペットはHPの説明や雰囲気が親しみやすいので理解しやすい。たくさんの情報量を整理して選択しなければいけないので簡潔にまとめられていてプランの比較がハッキリとわかりやすいアイペットの方が決めやすいと思った。全ての概要を把握していないので単純にサービスの比較はできないが、アイペットの方が保険料が安かったのも良かった。

  10. 対象医療機関がアニコム損保にたいして少ないことが気にかかるものの、保険料金がいま検索した中では割安で割引金額も把握しやすく、保険を実際に契約したときの予想がつきやすく、出先でペットに何か不都合が起こったときもホームページが使いやすかったため近くの医療機関を探しやすいと考えられ得るところが便利と思われるため。

  11. アイペットのほうが年齢制限のところでアニコムより高齢でも入れるので良いと思いました。あとアイペットのHPの方がペット保険について詳しく書かれているように感じ、全く知識のない状態の人でもわかりやすく親切だと思いました。

ユーザボイスの調査方法について

本調査は2018年9月にWEBを通じて20名の方に対して調査依頼したものです。あくまでも調査に協力いただいた方の1意見として、ペット保険の会社選びにご活用いただければと思います。

(Visited 174 times, 1 visits today)

カテゴリー:ペット保険