イーデザイン損保を検討中の方へ。イーデザイン損保の自動車保険とチューリッヒ保険を比較してもらいました

投稿日: 


イーデザイン損保で自動車保険をしようと検討中の方へ。イーデザイン損保の自動車保険にこのまま契約をしていいのか悩んで口コミ情報を探していませんか。保険ウォーカーがウェブを通じてクラウドワーカさんに、通販型自動車保険を扱うイーデザイン損保チューリッヒ保険比較してもらいました。

イーデザイン損保とチューリッヒ保険

イーデザイン損保とチューリッヒ保険で、2台目の自動車保険を新規を契約するとした場合、どちらの保険会社に加入したいと回答数が多くなるか調査いたしました。調査内容は、

  1. 2台目の新規契約に関する説明のわかりやすさ
  2. 新規契約をしたいと思う保険会社

の2点についてです。

2台目の新規契約に関する説明がわかりすい保険会社はどっち?イーデザイン損保 VS チューリッヒ保険

各保険会社のホームページ評価において重要な要素の1つに文字の大きさに関する期日が結構ありますね。わかりやすさに加えて、東京海上グループという言葉やテレビコマーシャルの中身もサイトに一定のイメージを与えているようですね。

イーデザイン損保の説明がわかりやすいと回答した14名のユーザボイス】

  1. 顧客満足度ナンバーワンと言うところがまず目を引きましたそれだったらば事故が起きても安心だなって言うふうに感じだし色の使い方とか街の大きさとかも分かりやすかった気がします。 織田裕二とか知ってるキャラクターとかも使ってくれたのでなかなかいいかもしれませんね。

  2. チューリッヒ保険もメリットや割引情報などが分かりやすく説明されていたのですか、イーデザイン損保の方が重要な部分を太文字や赤文字にして強調していたり、1つ1つが丁寧に説明されていたりと、より分かりやすく感じました。

  3. 3つの特徴にて、1.安心の事故解決力、2.充実のサービス、3.おトクで合理的な保険料がよく目立ちます。これらの特徴はとても好感を持てますので、どこの保険にするか迷った場合の強い印象になります。充実した保険で保険料も安くなるというイメージがとてもわいてきます。

  4. 文字が大きかったのと、長々とした文章に見えないようにグラフや絵の配置場所が工夫されていてとても読みやすかったです。ロードサービスやサポート内容も分かりやすかったし、特徴の3つも始めに持ってきているので読んでみようかなと思えるHPでした。

  5. ほとんど変わりませんが、説明文がイーデザイン損保の方が少ない分見やすいと思いました。全体的に画像やグラフや文字が大きいので、わかりやすいと思いました。チューリッヒ保険の方がデザインの色合いが明かるくないと思いました。

  6. 画面もシンプルで、文字の大きさの大きめなので、とても見やすいと思いました。 インターネット割引が、初めての契約でも、そうでなくても10,000円引きなことも強調されていた分かりやすかったです。また、各種NO.1を取得されているのが、すぐに目につくので、安心できる会社なんだと感じました。

  7. 情報が1ページに詰まっているから。上のバーをオンマウスにすることでさらに細かく分類分けされるのが、サイトをめぐるのに分かりやすかったため。チューリッヒ保険のサイトは空白が多くて文字がほそくちいさかったため、イーデザイン損保の太字での安心感のあるサイト構成の方が分かりやすかった。

  8. 何度も見ているHPなので説明文もすらすら読むことができました。もともと東京海上グループの保険に加入しているので内容も十分に理解できたし、一つ一つの項目の要点も分かりやすくて、安心して利用できそうだなと感じました。

  9. イーデザイン損保ほHPを見てわかりやすいと感じた事は、もし事故が起こったときでも安心して保険会社のプロにまかせてもらえるので、安心しました。
    臨床心理士がサポートしてもらえるので事故を起こして不安な時など相談にのってもらえるのでうれしいサービスがついていると思いました。

  10. イーデザイン損保が「2台目以降ご契約キャンペーン」のページで節約のポイントという表現で具体的にわかりやすく詳細が記載されているのに対して、チューリッヒ保険の方はキャンペーンでお米がもらえることは良く分かったが割引の詳細はわかりずらいと感じた。

  11. セカンドカー割引を具体的に説明されているので分かりやすいです。また、説明文に難しいワードや表現が一切使われていません。そのため、車や保険に詳しくない女性や主婦など初心者でも理解できる内容となっております。

  12. どちらもトップページに「2台目の自動車を新規契約する場合は、特別な割引が効く可能性」についての記載はなかったので、そういう割引があるとあらかじめ知らなければそれについて調べないし、知りようがないと思います。

  13. このようなサイトにアクセスする方は保険の加入を希望されている方が対象だが、私の場合は相手先に個人情報を極力教えたくないのでいきなり見積もりを依頼することはしません。そのため、イーデザイン損保のホームページには他社と比較して保険料が低いことを強くアピールできている点で良いと感じました。チューリッヒは一般的なサポート内容の羅列に終始しているので少し押しが弱いのでは、と感じました。

  14. まずイーデザイン損保の方は一番最初の画面にセカンドカー割引の説明のタブが出ていてよかった。またイーデザイン損保は図が出ていてわかりやすく初めての人でもどのくらい割引があるのかということを把握しやすいようになっていると感じた

【チューリッヒ保険の説明がわかりやすいと回答した6名のユーザボイス】

  1. イーデザイン損保のサイトでは、「イーデザイン損保なら割引でお得」というところにセカンドカー割引が記載されていて、ほかの保険会社にはないイーデザインだけの割引のような誤解を与える。等級制度なので、各社共通のはず。

  2. チューリッヒ保険の方がイーデザイン 損保より等級が一つ上がることから保険料が一年早く7等級の割引率で契約できることをすぐに理解することができました。何故なら図が添付されており、その図がわかりやすかったからです。

  3. 両方とも等級のサービスがあったが、チューリッヒ保険の方が等級ごとの金額の説明まで細かにしてあり等級が1つ変わることの差がよく分かるようになっていたから。契約をする上で知りたい情報だと思うのでHPであらかじめ書いてあればサービス内容が見えやすい。

  4. チューリッヒ保険のHPでは、2台目以降の契約についてのキャンペーン情報がトップページの上部のわかりやすい場所に掲載されており、すぐに目的のページに辿り着くことができました。サービスの内容よりも、「新規加入をご検討の方へ」という項目が上部にあることがわかりやすいポイントだと思います。

  5. どちらも文章が長くてわかりにくかったのですが、しいてあげればイーデザイン損保の方が適用条件の説明が細かくてこれに該当するか一つづつ確認していこうと思っても途中でよくわからなくなってつかえてしまったからです。

  6. チューリッヒ保険では、死亡、ガン、医療をぱっとサイトをみて頭に入ってくる。色の仕分けもセンスがあり、読みやすいのもポイントが高い。さらに、文字の大きさも大きくて誰でもちゃんと読めるポイントを使っているのが好印象。下のほうには入会の手続きも記載しており、文句なし。

新規で自動車保険に加入するとすればどっち?イーデザイン損保 VS チューリッヒ保険

アクサ損害保険(アクサダイレクト)も同じですが、個人情報を入れないと見積もりができない仕組みは、あまりいい評価を得られないようですね。イーデザイン損保が圧勝というような結果になっております。

イーデザイン損保に契約をすると回答した17名のユーザボイス】

  1. 保険料を比較したいだけなのに、チューリッヒは個人情報を入力しないと見積もりが出ないので、ちょっと躊躇してしまう。個人情報を入力しなくても保険料は出せるはずなので、個人情報入力前に見積もり金額を見せて欲しい。

  2. やっぱり事故解決度ナンバーワンと言う所かな顧客満足度ナンバーワンだって書いてあるし。自動車保険て日ごろは何も意味がないけれども万が一事故が起きたときにちゃんと対応してくれるか顧客満足がいいかと言うところがポイントになるのでやはり安さだけではなくそういったところにもちゃんと実績がある会社を選びたいと思います。

  3. イーデザイン損保のHPでは、初めて契約する人にも分かりやすいように説明がなされている印象を受けたからです。保障内容の選び方などの悩みやすいであろう部分や、保険料についても丁寧に説明がされており好印象でした。

  4. ホームページが全体的に見やすく、整理されていると感じたからです。イーデザイン 損保では提携の修理工場がかなり多くあり、私の住所の最寄りにも提携の修理工場があり、万が一事故にあった際にも相談しやすいと思いました。

  5. 3つの特徴である1.安心の事故解決力、2.充実のサービス、3.おトクで合理的な保険料がとても魅力的なところです。ロードサービスも充実していて、故障などの場合も安心できそうです。保険料もインターネット割引を大幅にしていただけるのでありがたいです。

  6. プランが選べれる様になっていて見積り結果の内容も分かりやすかったからです。あと、チューリッヒと違ってお客様登録を事前にしなくても見積り結果が出るので安心しました。事前に登録をするのは不安になるからです。

  7. イーデザインの方が見積がわかりやすかったからです。なんとなくイーデザインの方が会社が有名だからイーデザインの方がいいと思います。チューリッヒ保険は見積がわかりにくかったからです。説明もイーデザインの方がわかりやすかったです。

  8. イーデザイン損保のほうが、見積もりが簡単で分かりやすく、保険料もチューリッヒ保険より安かったからです。一方で、チューリッヒ保険は、見積もりだけなのに住所氏名などの入力が必要で、個人情報が漏れないのか、勧誘の電話や、DMが来るのではないかと心配になりました。最後の保険料再計算の画面では、詳細内容を変更して更新ボタンを押しましたが、更新された金額が出てこなくて、0円になってしまって、結局いくらなのかわかりませんでした。以上の点から、イーデザイン損保の方が信頼できると思い、選びました。

  9. 見積もりが簡単でやりやすかった。どちらも基本的にやることは変わらないが、チューリッヒ保険の方が提供する事柄が多くて簡単には見積もりができなかった。イーデザイン損保はクリックのみで簡単に見積もりを行うことができた。

  10. やはり内容がよく把握できている点でイーデザイン損保の方が安心感があります。イメージキャラクターの織田裕二さんにも好感が持てるし、幅広い保障をしてもらえそうです。分かりやすい説明も契約する前の重要な決定要素になります。

  11. チューリッヒ保険の見積もりは入力項目の途中で何度かつっかえてしまって時間がかかりすぎてしまい、なかなか最後までたどりつけなかったです。保険料と補償内容を参考にするのにはまずわかりやすいのが一番だと思います。

  12. 保険内容がわかりやすく、事故を起こしたときにも安心して保険会社にまかせてもらえる内容を評価しました。金額的にもとても安くおさえられたので次回保険の見積りをするときには、是非イーデザイン損保を検討したいと思いました。

  13. やはり、CMなどで名前は聞くものの、実際にはほとんど接点がなく、なじみの薄い外資系保険会社のチューリッヒ保険より、日本最大手の損害保険会社である東京海上系列のイーデザイン損保の方が安心できる気がしました。

  14. 92.7%という高い支持を得ている無事故割引が興味を惹かれます。しかも、この無事故割引は業界唯一ということなので、他にはないメリットです。これまで無事故無違反のセーフティドライバーなのでより大きなメリットを得られると思います。

  15. 走行距離が短い方が保険料が安くなると書いてあったので、私は年間の走行距離が3000キロに満たないのでたぶん保険料が安くなるだろうと思いました。あと、具体的な見積りの例が書いてあってわかりやすかったので。

  16. 単純に保険料が安かったから。またイーデザイン損保は東京海上グループであり日系企業だという安心感があると感じた。直接的な選定理由ではないが、イーデザイン損保のページの方がUIは優れていると感じた。チューリッヒは見積もりを出すために入力する情報が多かった。

  17. 金額についてはあまり大差がなかったためどちらかといえばわかりやすいほうで契約をしてみたいと思いました 。イーデザイン損保のほうがメールアドレスなどを入力せずに見積もりを見ることができるのでよかったと思いました。

チューリッヒ保険に契約をすると回答した3名のユーザボイス】

  1. HP上での分かりやすさ。見積もりのページや保険内容も補足の項目が細かく入っていて納得しながら見られる。インターネットで見積もりや契約をするのに、誰かに聞きながら出来ない時もあるので普段保険に関して無頓着である人でも分かりやすく出来ているのはいいと思うので。

  2. チューリッヒ保険のHPの方が、知りたい情報を見つけやすい構成をしているため、どういった保険内容なのかすぐに理解することができるため。イーデザイン損保は会社の説明が先にきていて知りたい情報が後回しになっている感じがします。

  3. サイトの出来具合や理解のしやすさでチューリッヒが抜きんでていると思います。細かな内容、金額的なことは別にして、サイトの良し悪しは、経営に直結してくると思います。チューリッヒで検討し、納得してしまえば、比較するのが手間なのでそのまま契約すると思います。

ユーザボイスの調査方法について

本調査は2018年5月にWEBを通じて20名の方に対して調査依頼したものです。あくまでも調査に協力いただいた方の1意見としてご活用いただければと思います。

(Visited 28 times, 1 visits today)

著者の情報

日吉 浩之
日吉 浩之自動車保険の専門家
国内系大手損害保険会社でにて主に自動車販売会社の代理店営業を経験したのち、日本最大級の一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ」の運営に従事。生損保約40社とのビジネスを介して、保険のダイレクトマーケティングを行ってきました。

カテゴリー:通販型自動車保険