SBI損保を検討中の方へ。SBI損保とチューリッヒ保険の自動車保険を比較してもらいました

投稿日:2019年5月16日

SBI損保とチューリッヒ保険、比較して選ぶならどっち

SBI損保自動車保険を契約しようと検討している方へ。SBI損保の自動車保険に契約をしていいのか悩んで口コミ情報を探していませんか。保険ウォーカーがウェブ上のワーカーさんに依頼し、ダイレクト型自動車保険(通販型自動車保険)を扱うSBI損保チューリッヒ保険比較してもらいました。

SBI損保とチューリッヒ保険

SBI損保とチューリッヒ保険を比較して、2台目の自動車保険を新規契約するとした場合、どちらの保険会社に加入したいと回答数が多くなるか調査いたしました。調査内容は、

  1. 2台目の新規契約に関する説明のわかりやすさ
  2. 2社を比較した結果、新規で契約したいと思う保険会社

の2点です。


【2020年】2台目の新規契約に関する説明がわかりすい保険会社はどっち?SBI損保 VS チューリッヒ保険



SBI損保の説明がわかりやすいと回答した5名のユーザボイス】

  1. スマートフォンでどちらも見積もりしました。チューリッヒさんは、トップページから注意書きが多く、全て読めないなと思いました。SBIさんは、お客様の声や年齢・車の種類によっての保険料の案内があり、『私もこれくらいになるかな?』と期待を込めて、見積もりしたくなりました。

  2. SBI損保のHPは、ぱっと見て明るいイメージがしました。写真などの画像を上手に使っていて、老若男女誰が見ても好感が持てるサイトになっていると感じました。また、ページの中から自分の調べたい項目のアイコンが探しやすいので、調べる時間に手間取らない印象です。

  3. SBI損保は、新規の人と、すでに契約中の人のボタンがまず目に入り、どこに進めばいいかが一目瞭然。ページ内だけでなく、画面上部のトップメニューにも同じ色でボタンがありわかりやすい。ボタン以外の無駄な装飾がなくシンプルかつ分かりやすいところが良い。

  4. 両社とも契約者のページに行く必要があるのは同じだが、SBI損保のホームページには2台目は最大とはいえ具体的に安くなる金額が記載してあったのでそうなんだという気持ちになり安くなる事が瞬間的に判断ができたので。

  5. SBI損保は、必要な補償内容を設定することで保険料が変わってくるという具体的な事例が掲載されている点と、保険料節約のポイントも詳しく解説がされている点が分かりやすいと感じました。また「カシャッピ」で煩わしい入力をすることなく見積もりが取れる点でも革新的で企業自体に好感が持てました。

チューリッヒ保険の説明がわかりやすいと回答した15名のユーザボイス】

  1. チューリッヒは、優しい雰囲気のあるイラストと見やすく文字の大きさが調整され色分けされた文章が読みやすかったです。頭で理解するうえで、視覚からの情報だけでより理解するのに役立ちました。顧客を不安にさせないようにしようという姿勢が見て取れました。

  2. チューリッヒ保険の方が、自動車保険のメリットを分かりやすく書いていると思いました。特に、ポイント1からポイント3までを詳しく説明してくれていて、自動車の事故等で困ったときのニーズをはっきりと記載してくれていると思いました。

  3. まず単純にHPの色や文字の見やすさで断然チューリッヒ保険の方が見やすいと感じました。あと「例えば・・・」という感じでトラブルの内容が見やすく表示されているのも好印象です。逆にSBI損保の方は見たい項目を探すのが大変だなという印象を受けました。

  4. チューリッヒ保険は、2台目は等級が6等級から7等級になる点や、手続きに必要な書類など、図も交えて説明されていたのでわかりやすかったです。特約の重複見直しで保険料を安くできるという説明もわかりやすく、利用者に必要な情報が載せられていると感じました。

  5. チューリッヒの方がわかりやすかった。大きな見出しがあり、知りたいことが見出しで見つけることができる。また、グラフやイラストの説明が多くわかりやすいと感じた。利用者のコメントがあり、担当者の対応がよかったことが書かれており、万が一の時も安心して頼めそうだと思った。

  6. 複数のページがあるHP内でどのページを閲覧していても、チューリッヒは下部に「お見積もりはこちら」のポップアップが出てくる。これはとても良いと思う。商品の比較検討の中で自社のHPは正直あまり信用していない消費者が多いのではないだろうか。どの会社も自社商品を選んでもらいたいのは当然であるので、悪いことは書かない。口コミサイトや個々人のブログなどを閲覧して〈なんとなく〉のあたりをつけて初めてHP閲覧に至る消費者が大半であろう。ここで決め手になるのはやはりお値段。すぐに見積もりをもらえるのはやはり行動の後押しになるはずだと考える。

  7. チューリッヒ保険は、自動車・バイク・家財等、保険商品ごとにアイコンが作られていて、自分が選びたい保険がすぐに探せ、また、見積もりが早くできました。必要最低限の情報のみなので、情報量が適度で、探したい情報が見つけやすいのだと思います。

  8. チューリッヒ保険の方が、下にスクロールする量は多いが、だからこそ1画面で得られる情報が多い。操作になれている若い人にはクリックが多くても問題はないが、保険に加入するのは中高年、高齢の方もいると思うので、操作がしやすく、自分の得たい情報が得やすい方がいいと思います。そういった面では、チューリッヒ保険の方が良かったように感じました。

  9. チューリッヒはホームページが色鮮やかで、単純にこのページを見ていたいと思いました。カラフルだと文字がすぐに頭に入るので、難しい説明もわかりやすくなります。また、項目への入り口もピンポイントをついてくれるところがわかりやすいです。

  10. チューリッヒの方が、事故が起こった際の対応やロードサービスについての内容が具体的に書かれており安心できる。SBIはそれに関する記述がほとんどない。チューリッヒは自動車保険に力を入れているのがよく分かる。

  11. SBI損保の場合「10,000円以上~」という表記が黒字で分かりずらく感じました。一方チューリッヒ保険は「5,000円以上30,000円未満」と大きく表示されているため、自分の保険金額に応じたキャンペーンはどのように受けられるかがはっきりと理解できました。

  12. チューリッヒ保険のわかりやすさは、トップ画面の字の大きさですね。いろいろとごちゃごちゃ言いたい事をたくさん書きこむよりもメインのワードをバンと見せた方がインパクトがあります。あとはパッと見の惹きつけるカラーリングも大事になると思います。

  13. チューリッヒ保険は、トップから実際の金額の提示、全体のサービスの説明を理解するよりも、次のステップで自分専用の見積もりへページ遷移するため、自分に必要な情報をワンクリックで進行できるので、ステップがシンプルでわかりやすいと思いました。SBI損保は、全体的にシンプルで丁寧なサービス説明。保証やサービスの内容をじっくり読み進めるにはこのくらいの落ち着きのあるページ構成が長い時間見ていて疲れない。サービスの説明図なども洗練されている印象を受けました。

  14. チューリッヒ保険は、全体的にとても見やすい。色の使い方が上手。文字が大きいので見やすい。表やイラストでわかりやすく説明してくれている。SBI損保と比べて保険料の安さが断然に現れている。お客様の声などの経験談も必要な情報が得られて良い。

  15. 事故など何かあった際にどのような補償をしてもらえるのかをトップページからよくわかりました。自分に合った条件を選ぶことができる一人一人に合わせてカスタマイズできるというポイントにひかれました。なぜ安くなるのかについても仕組みが書かれていて、チューリッヒ保険の方がわかりやすかったです。

【2019年】2台目の新規契約に関する説明がわかりすい保険会社はどっち?SBI損保 VS チューリッヒ保険

SBI損保はSBIグループに証券口座や銀行口座を持っているからなじみが深く、わかりやすいと回答したかたがいました。ネットと金融の雄であるSBIグループの強さをどんどん発揮して欲しいですね。

SBI損保の説明がわかりやすいと回答した8名のユーザボイス】

  1. SBI損保のほうが初心者向きなのではないかと思いました。探している保険の項目のページへスライドショーでクリックするだけでいいので初めて訪れたサイトとなった時には迷うことが少ない印象を与えてもらえた気がする。

  2. SBI損保は、2台目割引が適用になるための条件が箇条書きで簡潔にまとめてあるので分かりやすい。また、様々なケースの具体例を挙げて割引適用の可否を解説しているので、リアルにイメージできる。特に、既に保有している車の保険は適用外だと言う点にも触れているので、混乱せずに理解できる。

  3. SBIのほうがチューリッヒ保険より第一印象として見やすく、まとまっているような気がしました。内容はさほど変わらないと思うので、最後は好みによるのでしょうが、私はSBIのほうが使いやすいような印象をうけました。

  4. SBI損保、チューリッヒ保険ともにブルーを基調としたデザインで好感を持ちましたが、SBI損保を選びます。理由としては、実はSBI証券や住信SBIネット銀行といったSBIグループのサービスを使っていることもあり、なじみが深いからです。似たようなものなら、自分にとって慣れているものが気に入ります。実際、SBI損保のHPのデザインはどこに何があるかわかりやすくて、使いやすいと思います。

  5. SBI損保は自動車保険に関する必要なことが分かりやすいと感じました。ネットでの申し込み特典割引、事故を起こした時の対応、ロードサービスなどのアフターサービスなどが項目別になっており、その中でから気になる項目を選択することで更に詳細がわかりやすいです。

  6. SBI損保はセカンドカー割引について検索ボックスから調べると関連の記事がすぐに出てきて、どのような場合に契約出来るのか、また適用されるのかが例文とともに記載されてあるので分かりやすいと思いました。自動車保険について詳しく知らない者でもすぐに理解しやすかったです。

  7. SBI損保がよかった。現在、契約中の自動車保険が11等級以上の場合は、2台目以降の自動車の保険新規契約時に7等級からの契約になるという説明は両社とも同じ。但し、詳しく説明されているのはSBI損保の方で2台目の契約についての注意書きがちゃんと書いてあると感じる。
  8. SBI損保のブランドアンバサダーである小島瑠璃子さんがが可愛いのでホームページ上が華やかになり、読んでみたくなる。また、保険を掛ける人の年齢や持っている車種で保険料がだいたいいくらかかるかの説明が書いてあるので、保険に詳しくない私でも分かりやすかったため。

チューリッヒ保険の説明がわかりやすいと回答した12名のユーザボイス】

  1. チューリッヒのサイトはSBIと比較して、サイトが固定されていますしサイト自体もシンプルに作られているのでとても見やすいと感じました。トップ画面直ぐの俳優さんの胸元あたりに自動車保険お見積もりおもうしこみもこちらとボタンが有り見積もり画面にすぐに移行することができました。

  2. チューリッヒ保険は描く項目が詳しく丁寧に説明していると思います。もう少し見出しが大きければさらにわかりやすいと思いますが一つ一つ丁寧に説明していて知りたいことがほとんどわかるところがいいと思います。SBI損保も知りたいことは書かれていますがすこしかんそかされているようにおもいました。

  3. チューリッヒ保険は2台目契約のキャンペーンが行われておりそれがすぐに目に入ったのと、説明の中に「セカンドカー割引」について記載がすぐに見つかった。SBI損保はサイトから2台目契約の割引についての記載が見つけづらかった。

  4. チューリッヒ保険とSBI損保の両社とも「契約者の方」という項目から「2台目以降の契約」というのがすぐに見つかるのですが、チューリッヒ保険のHPはカーソルあわせるだけで良い点と、項目が色分けして見やすいのでチューリッヒ保険のHPのほうがわかりやすいと思いました。SBI損保は「契約者の方」という項目をクリックする必要がだったのが残念でした。

  5. チューリッヒ保険のHPはチューリッヒ保険のHPは文章に加えて絵でも説明している点がわかりやすいと思いました。SBI損保のHPでは2台目以降の契約が安くなることを簡単に説明しているだけでした。チューリッヒ保険は、さらに、2台目以降の保険料を抑えるためのアドバイスなども記載されていて、丁寧な印象を受けました。

  6. チューリッヒ保険は、ページの目に入りやすいところに「2台目以降のご契約「おまとめキャンペーン」」へつながるバナーが貼られており、SBI損保と比べても非常に分かりやすかった。こういうストレートでない契約を希望している場合は情報を探すのに苦労する。チューリッヒがよく感じた。

  7. チューリッヒ保険の方がサイトがシンプルで閲覧がしやすくわかりやすいと感じました。SBI損保のサイトはさまざまなキャンペーンの広告が沢山あるのでどれが保険の商品でどれがキャンペーンなのかわかりにくいです。

  8. チューリッヒ保険は、トップページをスクロールしていくと下の方にセカンドカー割引についてのことが書かれていました。そこを押すと詳しく説明があり、一緒にキャンペーンについても書かれてありました。知りたいことがすぐに見つかることはもちろん、自分にとってお得になる情報も知ることができたのがよかったです。

  9. チューリッヒ保険のほうが、余計なことを書いていなくて自動車保険の必要な事やお伝えしたいサービス内容を的確に書いていると思いました。見積もりボタンもすぐに分かり見積もり項目等もとても簡単ですぐにもつもりが取れました。必要な書類も項目ごとに書いてくれていたのでその辺も分かりやすかったです。

  10. チューリッヒのほうが、2台目以降は保険料が安くなる仕組みについてイラストつきで説明されており、適用条件の詳しい情報へのリンクもありましたし、必要な書類についても書かれていたので、自分が対象者になった際のイメージが湧き、わかりやすいと思いました。

  11. チューリッヒ保険のHPの方が文字がとても大きく、また画面がすっきりしておりわかりやすかった。また、現在の状況を選択しながら選べるので、ほとんど迷うことがなく割引が適用となる旨が表示される画面まで1分もかからなかった。

  12. チューリッヒ保険は、自動車保険情報の近くにバイク保険、傷害保険を見ることが出来るボタンを設置していて、見たい情報がすぐ見ることが出来るので助かると思いました。また、チューリッヒ保険が選ばれる理由についてページ下部にのっていて、他社と比べる時に比較しやすいと感じました。

【2020年】新規で自動車保険に加入するとすればどっち?SBI損保 VS チューリッヒ保険



SBI損保に契約をすると回答した4名のユーザボイス】

  1. SBIさんの方が安心できるなと思いました。チューリッヒさんは見積り段階から、これいるのかな?というような個人情報の入力があって不安になりました。SBIさんは、弁護士特約が自動付帯なので、どんな事故でも大丈夫と思えました。

  2. SBI損保にする決め手は、保険料の価格。「自分に合ったプランで、保険料を節約して下さい」というHPの言葉は決め手になると思います。条件によって、割引があるところが良いです。具体例も書いてあり、分かりやすいと感じました。新規も継続も1万500円の割引があるというのもうれしいポイントだと思います。

  3. チューリッヒの見積もり作成は、質問文章がわかりやすく、重要な部分に色がついていたり文字の強弱があり、スムーズに見積もりを作ることができたが、見積もりを見る前に自分の個人情報を登録しなければならずハードルが高かった。事前の情報登録なしに気軽に見積もりを作成できるという点で、SBI損保で契約する確率が高い。ただ、SBIの見積もり作成の質問は少しわかりにくく文字も単調で読みにくい。

  4. チューリッヒ保険は、STEP2で保険会社を検討する段階にも関わらず個人情報の入力が必須となり、SBI損保はそういった事が無く、手軽に見積もりを取ることができる点と、見積もりの結果画面から各項目の条件を変更することができてより詳しくシミュレーションができ、利便性が良いと感じたため。

チューリッヒ保険に契約をすると回答した16名のユーザボイス】

  1. チューリッヒ保険は、掲載されたお客様の声が満足されているのだなと感じましたし、業界最高レベルのロードサービスも頼りがいがありそうです。そして、なんといっても、保険金の支払期間が最短で当日というのはすごく魅力的だと思います。

  2. SBI損保はがん保険なども書いてあり、本当に自動車保険を販売したいサイトなのか疑問に思いました。それに比べてチューリッヒ保険の方は分かりやすく説明されていて、ネット申込で21,000円割引とキャンペーンもあるので、断然こちらがいいと思いました。

  3. 保険商品を選ぶ基準は個々に違うと思いますが、私の場合は料金というよりはサービス内容で決めるようにしています。実際に利用したわけではないのではっきりとは言えませんが、HPを見る限り、チューリッヒ保険の方がサービス内容が充実しているように感じました。

  4. チューリッヒは、万一事故に遭ったときには1時間以内に連絡してくれる点や、手続きをすれば最短で当日に保険金の支払いがあるので、いざという時にしっかりと役立つ保険だと感じたからです。事故対応満足度が高いという事なので、安心できると思いました。

  5. チューリッヒ保険を選んだ一番の理由は、万が一の時にどのようなロードサービスが出来るのかや、無料対応のカートラブルの種類の例が分かりやすく良い点、3分ほどで見積りを簡単にとることができる点など、HPが全体的に見やすく作られているところです。

  6. チューリッヒのHPのトップベージに入って一目でわかる、検索項目がのアイコンが大きいことで、やりたいことや知りたいことが探しやすく、わかりやすい。見積もりフォームの仕様も文字が大きく、質問内容が明確で回答しやすい。HP閲覧だけでは最終決定に至らず、話を直接聞きたい消費者も少なくないと思われるため、電話番号が一目でわかるとより良いと思う。

  7. チューリッヒの方が無料見積もりがとりやすく、分かりやすかったため、必要以上の無駄な確認をする必要がなかったため、手軽に入れる保険というイメージを持ちました。これなら、簡単に保険を選べます。また、自分に合った保険を細かく設定できるのもうれしいと思いました。

  8. 契約内容などの詳細は違いがあまり分かりませんでしたが、情報が分かりやすかったのでチューリッヒ保険がいいと思いました。SBI損保の方が様々な保険が各種あったので、お得感があったのですが、自分に関係のありそうな保険はさほどないかなと思い、単純に自動車保険だけで考えて、チューリッヒ保険にしました。

  9. チューリッヒ保険は商品の説明がわかりやすいので、途中で保険会社を乗り換えなくても済みそうだからです。保険は大きな買い物であり、途中で保険会社を変えることには抵抗があります。そのため、長くお付き合いできる保険会社を選びたいからです。

  10. 2台目が安くなると言う事はSBI損保に軍配が上がるが見積もりのページに関してはチューリッヒ保険の方が使いやすかった事。またSBI損保と似たような条件で比較したが年間の保険料が自分の予想よりもだいぶ安くなり家計の助けになることが考えられた。

  11. チューリッヒの方が事故対応やロードサービスに優れていると感じる。SBIは保険料が安いのかもしれないがそれ以外のメリットが分からない。他の保険会社と比較してもチューリッヒはかなり自動車保険に優れている方だと思う。

  12. チューリッヒ保険の方がロードサービスが充実していると思ったからです。ロードサービスの表記の方法がより詳しい内容が表記されているのが選んだ理由の一つでもあります。そのため安心・充実したロードサービスを受けれるであろうチューリッヒ保険を選びました。また、HPサイトのトップページにてSBI損保よりもチューリッヒ保険の方が全体的に詳細に書かれており、興味を持つきっかけとなるんじゃないかなと思います。1ページでより詳しい情報を表記されていると読み手も何ページも開かずに知ることができるので親近感が沸くのじゃないかなと思いました。

  13. チューリッヒ保険はネーミングとcm効果があると思います。なんとなくですがチューリッヒ保険のcmは耳に残っていてこっちの方が安心できるような先入観があるのではないでしょうか。チューリッヒ保険のHPは気軽さが良かったのもあります。

  14. 細かい商品サービスについては、もっと比較検討が必要かもしれませんが、チューリッヒ保険のページ設計が非常にスムーズに感じました。選択画面の選びやすさなど、自分で入力する手間が少なく、必要な情報をコンパクトにわかりやすく受け取れたと思います。

  15. とりあえず、チューリッヒ保険はわかりやすかった。見積もりを取るのも、選択画面が簡単に操作できたので選択作業が進みやすかったです。イラストで説明があったので理解もしやすく、納得いって選べると思いました。信頼度も増しました。

  16. どちらも満足度に関してのデータがあったのですが、チューリッヒの方は満足の人の回答と不満の人の回答も書いてあり、不満の声には対応策が書いてありました。そういう点で、何かのトラブル時にも嫌がることなく対応してもらえそうな雰囲気を感じたからです。


【2019年】新規で自動車保険に加入するとすればどっち?SBI損保 VS チューリッヒ保険

SBI損保はイメージキャラクターとして小島瑠璃子さんを使っておりますが、ファンだから良いと意見する方もいましたし、安心感がないと意見するかたもいました。保険料以外の勝負でまだまだ改善点があるようです。

SBI損保に契約をすると回答した8名のユーザボイス】

  1. SBI損保のほうが見積もりにメールアドレスの入力がなくて見積もりができるので個人情報を入力するのは実際に契約する直前にしたいのでSBI損保のほうが初心者にハードルを下げてくれている印象が伝わった気がしました

  2. 小島瑠璃子さんのファンなので、HPの最初に掲載されているので印象がよくなりました。しょうもない理由ですが、イメージキャラクターも結構重要なのではないでしょうか。内容はさほど優劣があるようには見えませんでした。

  3. どちらの補償内容も十分な補償だと思いますが、SBI損保は、事故が起こった時のサポートが丁寧で安心できるような気がしました。オプションの補償というのも充実している気がしました。チューリッヒ保険は必要最低限の補償内容という感じがしました。事故を起こさない自信があるのなら良いような気がします。

  4. SBI損保のほうが見積もり比較をしたところ、保険料が安かったので選びます。自動車保険は保険料が安い方を選択したいと思います。何より実際に見積もりを取ってみて、チューリッヒ保険の方は必須の入力を要求されるものが多く時間がかかってしまい、得たい情報になかなかたどり着けない印象を持ったのも、選ばなかった理由です。

  5. SBI損保を選びます。見積もりの際に住所、氏名、電話番号、メールアドレス等の個人情報を入力しなくても見積もりが取れるようになっている。チューリッヒ保険はそれらを入力しないと見積もりが取れないどころか、途中で作業ができなくなってしまう。

  6. SBI損保のサイトの印象が特別良いわけではないのですが、チューリッヒ保険の印象はかなり悪いのでSBI損保で契約します。無料の見積もりを取る際、チューリッヒ保険では住所、氏名、電話番号、メールアドレスの記入が必須とされています。さすがにやり過ぎなのでは?という印象です。

  7. SBI損保に比べるとチューリッヒ保険の方が断然保険料は安かった。しかし、口コミ等を見るとチューリッヒ保険の方が対応が遅い、説明がわかりづらいなどのマイナスイメージの評判が多く感じられた為、最終的にはSBI損保に決定した。

  8. SBI損保のホームページ上に「価格.com自動車保険満足度ランキング:2019第一位」との記載があるから。私は普段からよく価格.comのサイトで色々検索しており、ここで満足度が第一位なら安心して選べると思ったから。

チューリッヒ保険に契約をすると回答した12名のユーザボイス】

  1. チューリッヒ保険とSBI損保を簡単に比較すると、インターネット割引はSBI損保が最大10,500円に対してチューリッヒ保険は12,000円と割引率が高い。事故対応満足度も、SBI損保91%に対してチューリッヒ保険は95.9%とチューリッヒ保険が優位。さらに、ペットのサポートもあるのでメリットが多い。

  2. チューリッヒ保険は、見積もりボタンの所に「保険料平均19,535円節約!」と書かれていて保険を節約できるかもという期待感がかなり持てて好印象でしたし見積も簡単でとても分かりやすかったです。実際の保険料も思っていたよりも安くてとても良かったです。

  3. チューリッヒ保険は、やはり説明がわかりやすく描いているところが決め手になりました。また顧客満足度が2位というところが信用できそうな感じがしました。使ってるタレントが落ち着きがあるために見ていてぉ地らも落ち着きます。SBIの小島瑠璃子は目を引きますがまだ安心感がないところが考えさせられるところだと思います。

  4. チューリッヒ保険は説明がわかりやすく、見積入力もどんどん下に流れていけばいい形で入力しやすかった。ただ気になったのは、チューリッヒ保険のほうは見積もりを出すまでに個人情報の入力が必須となっていて、気軽に見積を知りたいというケースには障壁かもしれなかった。

  5. チューリッヒ保険のほうがインターネット割引も最大12,000円と多く、そのほかにもゴールド免許割引など割引が充実していると思いました。また、ペットのサポートや旅行費キャンセル費のサポートなど無料付帯サービスも豊富だと感じました。また、事故対応の時間がチューリッヒ保険のほうが20時までと長い点も良いと思いました。

  6. チューリッヒを選びます。理由としてまず、テレビCMでの印象が良い。さらに、インターネットでの見積が簡単に出来たため、ストレスなく操作が行えた。加入時にストレスがかかると面倒に感じるがチューリッヒ保険の方が楽に操作でき、顧客のニーズを理解しているように感じられました。加入後の事故対応、アフターサービスも充実していると感じた為、チューリッヒ保険の方が安心できると感じられた。

  7. チューリッヒ保険は、ページ下部に「お客様の声」として満足の声と不満の声の両方が並べられており、誠実だと感じたから。不満の声の方は改善点も書かれており好感が持てた。口コミだけで保険会社を選ぶわけではないが、ひとつの指標として参考になると思う。

  8. チューリッヒ保険の方が安いからです。捨て金になる可能性の高い保険なので、出来るだけ安く済ませたいです。同じ条件ならなおのこと安いほうを選びます。あとは、チューリッヒ保険の方が見積もりも早く済み、分かりやすかったのもよかったです。

  9. チューリッヒ保険は、事故対応満足度や無料ロードサービスの内容もとても分かりやすく書いてあって事故の際の安心感が増した感じがしました。トップ画面にかいてあった保険料節約の詳細も下部に詳しく書かれていて納得の内容でした。実際の見積もった保険料も安くとても良い内容だったと思います。

  10. チューリッヒ保険のサイトを見ていて、もしも事故などが起きた際の対応がしっかりしていそうと思えたからです。保険料の割引も充実していて、かつ保険料も手頃なところが良さそうだと思いました。契約者の口コミを見て信頼できそうと思えたのも決め手です。

  11. チューリッヒ保険の方が保険料が安そうだからです。保証内容についてはチューリッヒ保険の方がむしろ良いような印象を受けましたし、どちらも聞いたことのある保険会社なので、少しでも保険料が安く済む方が良いです。

  12. チューリッヒ保険は多くの人に選ばれているという実績があるので安心感がありました。また、新規契約の見積もりもステップ化されていてわかりやすく、初めてでも使いやすいと感じました。

ユーザボイスの調査方法について

本調査は2020年4月ならびに2019年4月にWEBを通じてそれぞれ20名の方に対して調査依頼したものです。あくまでも調査に協力いただいた方の1意見としてご活用いただければと思います。

【無料&🎁プレゼント有り!】SBI損保とチューリッヒ保険の見積もり比較!

今すぐ矢印をクリック!

 

🚗【無料3分❗】比較して自動車保険の見積もりをすぐに確認する‼️

(Visited 476 times, 1 visits today)

著者の情報

日吉 浩之
日吉 浩之自動車保険の専門家
国内系大手損害保険会社でにて主に自動車販売会社の代理店営業を経験したのち、SBIホールディング社にて日本最大級の一括見積もりサイトの運営に従事。生損保約40社とのビジネスを介して、保険のダイレクトマーケティングを行ってきました。
是非この記事を評価ください

カテゴリー:通販型自動車保険