ソニー損保を検討中の方へ。ソニー損保の自動車保険とチューリッヒ保険を比較してもらいました

投稿日:2018年5月20日


ソニー損保に自動車保険をしようと検討中の方へ。ソニー損保に契約をしていいのか、口コミ情報を探していませんか。保険ウォーカーがアルバイトさんにお願いして、通販型自動車保険を扱うソニー損保チューリッヒ比較してもらいました。

ソニー損保とチューリッヒ保険を比較してもらいました

ソニー損保とチューリッヒ保険で、2台目の自動車保険を新規を契約するとした場合、どちらの保険会社に軍配が上がるか調査を依頼しました。調査内容は、

  1. 2台目の新規契約に関する説明のわかりやすさ
  2. 新規契約をしたいと思う保険会社

の2点についてです。

2台目の新規契約に関する説明がわかりすい保険会社はどっち?ソニー損保 VS チューリッヒ保険

ソニー損保とチューリッヒ保険のホームページにおいて、大きな違いが出るのではないかと思いましたが、わかりやすさはほぼ互角の結果となりました。細かい人の好みの違いぐらいでしょうか。

ソニー損保の説明がわかりやすいと回答した11名のユーザボイス】

  1. 知りたい部分項目をちゃんと分かっていて商品説明をしている。 CMで言っている事と同じ事が書いている為、あ!ここの自動車保険な!ってわかるのでCMでもよく見ているので期待と安心して説明等を確認して読めるのでいいなと感じました。
  2. ソニー損保のほうが項目ごとにページ分けされてる数が多く目的のものをすぐ見つけやすいし、最初にサイトを開いたとき自動車保険なのか医療保険なのか自分が知りたいものをすぐに選べるデザインになっており、親切だと感じた。
  3. どちらのHPでも2台目についてのページは専用のページが存在しますが、専用ページの内容の分かりやすさからすると、ソニー損保の方が等級や割引のことが簡潔に書いてあり、わかりやすいと思います。チューリッヒの方はキャンペーン中心の記載が目立ってしまっており、割引が少しわかりづらく感じます。
  4. トップページのデザインがすっきりしていたから。チューリッヒ保険は細かい字で注釈がたくさん入っており、目的のメニューを探すのに時間がかかった。
    一方、ソニー損保はシンプルなメニューでイラストも多く、わかりやすかった。
  5. スマホでソニー損保のホームページを見て良いと思いましたが1番上に「15年連続売上No.1」という表記を見て安心感を感じることが出来、さらに次の項目、次の項目と見ることが出来ました。またそのすぐ下に自動車保険か医療保険かを選択するのも見やすいです。
  6. 全体的に青みで色が統一されていて見やすいHPだと思います。項目も細かく分かれているので、自分が知りたい情報をすぐに探すことができます。誰もが知りたい情報が大きくでているので、誰でも見やすいHPになってます。
  7. もともとソニー損保のHPは何度か見たことがあったのですが、それよりも初見でチューリッヒ保険の方が分かりやすく、すんなりと内容が頭に入ってきました。一つ一つの項目が的確に伝えたいことを記してあるので読みやすいです。
  8. ホームページを開いて、そこからスクロールさせなくても「自動車保険」と「医療保険」が簡単な図と文字で書いてあり選択する時に迷うことがありません。また、チューリッヒ保険では「自動車保険 お見積もり」とあるのに対してソニー保険では「見積もり・申し込み」と見積もりの文字が最初に来ているので見つけやすく分かりやすかったです。
  9. ソニー損保は、見積もり画面に入って2つぐらいクリックすると、すぐに「セカンドカー割引」の言葉が出てきた。「※他にお車がある場合、セカンドカー割引が適用される可能性があります。」という読みやすく短い言葉で大事なポイントを伝えてきたので、分かりやすかった。
  10. ネットの割引で最大10,500円お得なところと自動車保険の売り上げが15年連続で1位で安心して自動車保険に入れると思いました。保険料が走る分だけお得な所も魅力艇だと思います。私は年間で低走行距離なので保険料が安くなると思いました。
  11. チューリッヒ保険は長文で説明がされているのに対し、ソニー損保は完結な文章で説明されているところが良いと思います。 また、ソニー損保は具体的に幾ら割引されるのか、また、それが図解されていて視覚的にも分かり易いと思います。

チューリッヒ保険の説明がわかりやすいと回答した9名のユーザボイス】

  1. ソニー損保の場合は、保険に関する説明や特徴がトップページにないので分かりにくい印象を受けました。チューリッヒ保険は、トップページに記載してありますし、何より文字の間があいているなど見やすいように工夫がしてあり分かりやすいなと思いました。
  2. ソニー損保はホームページの字(フォント)が好きではない。見づらい。チューリッヒ保険はフォントやホームページ全体のデザインがスッキリして見やすい。 また、チューリッヒ保険は見積もりに入る際に「2台目以降のお車を取得された方」という記載があるので、どこのボタンから見積もりに入ったらいいのかわかりやすい。
  3. トップページに2台目以降の自動車保険、バイク保険、傷害保険おまとめキャンペーンの記載があったのでスクロールするだけで探さなくてもたどり着けた。ソニー損保の方はいくら探してもまったくたどり着けなかった。
  4. 自動車保険、バイク保険、傷害保険に分かれていて、目的としているページへいきやすい。また、ページデザインもすっきりしていて保険料の大体のイメージなどがつかみやすく、自分がどのような保険に加入すればよいのかわかりやすかった。
  5. 一番はクリックした時に大まかな事が書かれていた事。5千キロ未満や40歳以上等の比較グラフが載っていた事。ロードサービスが充実してる事など一目でわかりました。対してソニーさんは、パッと見では少しわかりずらい印象がありました。
  6. チューリッヒ保険の方は、サイトのトップページに2台目の自動車の新規契約での特別割引の案内があり、すぐに見つけられて詳細のページに飛ぶようにされていた。対してソニー損保はそれ以外の説明はとても多いが該当するページがすぐに見つけられなく、情報が多すぎてわからなかった。
  7. チューリッヒ保険の方が割引の場所がメニューから行った時にすぐ見つけることができました。 しかしそのメニュー欄から割引の項目は行きさらに新車割引がどこにあるか探さなければならなかったので見づらいと感じた 。ソニー損保はメニュー欄すら見つけにくく、新車割引がどこにあるかは見つけられなかった。
  8. チューリッヒ保険は車両保険だけじゃなく、バイク、医療へトップページから飛べました。一方ソニー損保は車両と医療だけでした。私自身はバイクに乗らないのでソニー損保でも問題ありませんが、バイクに乗る方であればチューリッヒの方がわかりやすいと思ったためです。
  9. 2台目以降の割引があること、対象や手続きに必要な書類が1ページにまとめられているのでわかりやすい。 さらに、それによって生じるであろう補償の重複にも触れ、ユーザー目線で少しでも節約できようなアドバイスもなされており、信頼できる。

新規で自動車保険に加入するとすればどっち?ソニー損保 VS チューリッヒ保険

サイトを通じた情報収集については、両社ほぼ互角の結果になりましたがどちらの保険会社で自動車保険に加入したいかという問いに対してはソニー損保が約7割の方から支持される結果になりました。

ソニー損保のに契約をすると回答した15名のユーザボイス】

  1. ソニー損保の方が価格が安かったのが大きいです。また、見積もりをした際に、複数の契約パターンを提示してくれたのでサービス力が高く、契約後のアフターフォローもしっかりしてくれそうな印象を受け、それも一因です。
  2. どちらも見積りがとれなかったのでどちらも契約したくない。車種や型式は選択肢を作って欲しいし他の項目は実際に車を取得していないので何を入力すればいいのかわからない。何度も警告が出てイライラする。面倒くさい。
  3. 自動車保険の見積もりを試してみたところ、ソニー保険は操作しにくいところがあったものの、概ね操作については問題なく行え、見積もりもスムーズに出てきたので好印象だった。 あとは走った距離だけという点がやはり決め手です。
  4. 私はまだ自車もないので保険なんて気にしていなかったのですが、 自車を持ち運転するようになった時安心して頼める会社だなと思いこちらの自動車保険を選びました。 説明がわかりやすく分からないことも先読みして説明してあるので質問しなくてもよいですし二度手間にならないなと思いました。
  5. サイトのトップページにアクセスして一目見て何がどこで見られるのかが解りやすく文字ばかりではなくシンプルで読みやすかったのと、見積もりの際に入力でわからない等の項目を選択するとこうではないかと提示されていたのが使いやすく感じたため。
  6. HPの見やすさと見積もりまでの分かりやすさ、スピードについてソニー損保の方がスムーズであること、口コミ(ユーザーの改善要望)内容に対しての対応がすごく前向きに感じるところが最終的な決め手になりました。 事故対応時のスピーディーさについても若干ソニー損保の方がよさそうでした。
  7. 見積もりにかかる時間はほとんど変わらなかったが、チューリッヒ保険はまだ見積もりの段階なのに実際の住所など個人情報を入れなければならずそれが面倒であった。ソニー損保の方は見積もりに必要な入力は少なめであったので気軽に見積もりができて良かった。
  8. 見積りがわかりやすかったから。チューリッヒ保険の見積りはステップが多く、本当に契約するなら面倒で途中で見積りを諦めていたと思う。 また、ネット見積り段階で個人情報を入力させられるのも抵抗があった。ソニー損保はすぐに見積り結果が出たし、条件変更も簡単にできのでわかりやすかった。
  9. CMなどの広告でよく聞くことがあり、なんとなく信頼しています。わたしは車などに疎いため、初めの印象などを理由に選択するため、聞き馴染みのあるものを選択します。そのほか、詳しく調べることが煩わしい人はそのようになるかと思います。
  10. CMもよく流れていて知名度があるからです。イメージキャラクターも有名な俳優さんを起用されていて安心感があります。HPを見ただけでも知りたい情報がわかるので、わざわざ問い合わせなくても検討できそうだと思いました。
  11. ソニー保険ではインターネットからの申し込み時に最大で10500円の割引があること、また、見積もりを出すまでの手順について、色々な選択肢がどちらの保険会社のでも出てきましたが、ソニー保険の方では「わからない」という選択肢が用意されていることから、見積もりを出す段階での、選択肢が多い→様々な事故や状況を想定している。と判断しましたのでソニー保険の方が信頼性が高いと感じ選ぶこととしました。
  12. 保険は各社細かい条件が異なるので単純比較出来るものではないが、出来るだけ両者の条件をそろえて比較したところ、ソニー損保の方が安かった。 今回、家から独立した20歳の息子が、自分で車を買い新規で保険に入るという条件で検討した。若者の保険料はとても高いので、安さには魅力を感じた。
  13. 値段があまり変わりませんでした。個人的にはソニー損保の方がブランド力が高く、万が一の時の対応も安心かなと感じているので、値段があまり変わらないのであればブランド力の高いソニー損保を選択します。大幅な値段の乖離がない限りブランドで選んでしまいます。
  14. ソニー損保のほうが保険内容がよくてもし事故を起こした時には安心してまかせてもらえそうだからどちらも走行距離に応じて割引があるのですが、ソニー損保のほうが分かりやすい内容でどちらを選ぶかと言われたらソニー損保を選びます。
  15. 説明が分かり易かったことが一番の理由ですが、外資系の保険会社より、ソニー損保のほうが安心感があることも大きいです。 また、見積りの段階で個人情報を入力しなくてはいけないチューリッヒ保険は、敷居が高く感じます。

チューリッヒ保険に契約をすると回答した5名のユーザボイス】

  1. ホームページが見やすくて好感が持てる(個人的に、このようなセンスもサービスレベルを測るのに大事だと思っているので)。また、わずかだがチューリッヒ保険のほうが保険料も安かった。さらに、見積もりの内容も細かくてわかりやすい。
  2. 一番はやはりロードサービスが充実している事です。どこで事故を起こしたりするかわからないと考えた場合、手厚い補償があるとやはり安心します。あと一番はHPを見た感じ補償内容がわかりやすい印象だったのも大きいです。
  3. ソニー損保よりも詳しく内容が分かるので、実際に事故が起こった時に頼りになりそうです。メディアなどでも有名な会社なので安心感もあるし、何よりも補償内容が充実しているので、自分自身が納得した上で加入できそうです。
  4. 保険料の見積もりよりも先に割引の表示が目に入ったため保険料が安いように感じた。 まだ最初の方の割引を確認するのも容易だったのでどちらを選ぶかと言われれば安いほうを選びたいのでチューリッヒ保険に方を選びたいと思った 。そのほかにも安くなるような仕組みが見えたのでそちらを選びたいと思った。
  5. サイトの分かり易さや使い易さがソニー損保よりチューリッヒ保険の方が良いと感じました。その上、ロードサービスもソニー損保より便利だと思います。少しの違いしか無いならば、ロードサービスの満足度を重視します。

ユーザボイスの調査方法について

本調査は2018年4月にWEBを通じて20名の方に対して調査依頼したものです。あくまでも調査に協力いただいた方の1意見としてご活用いただければと思います。

(Visited 42 times, 1 visits today)

著者の情報

日吉 浩之
日吉 浩之自動車保険の専門家
国内系大手損害保険会社でにて主に自動車販売会社の代理店営業を経験したのち、日本最大級の一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ」の運営に従事。生損保約40社とのビジネスを介して、保険のダイレクトマーケティングを行ってきました。

カテゴリー:通販型自動車保険