セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)を検討中の方へ。セゾン自動車火災とイーデザイン損保の自動車保険を比較してもらいました

投稿日: 

セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)とイーデザイン損保を比較

セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)に自動車保険を契約しようと検討している方へ。セゾン自動車火災のおとなの自動車保険にこのまま契約をしていいのか悩んで口コミ情報を探していませんか。保険ウォーカーがWEB上のクラウドワーカーさんに依頼をして、通販型自動車保険(ダイレクト型自動車保険)を扱うセゾン自動車火災イーデザイン損保比較してもらいました。

セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)とイーデザイン損保

セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)とイーデザイン損保を比較して、2台目の自動車保険を新規を契約するとした場合、どちらの保険会社に加入したいと回答数が多くなるか調査いたしました。調査内容は、

  1. 2台目の新規契約に関する説明のわかりやすさ
  2. 2社を比較した結果、新規で契約したいと思う保険会社

の2点です。

2台目の新規契約に関する説明がわかりすい保険会社はどっち?セゾン自動車火災 VS イーデザイン損保

イーデザイン損保の名前を先に聞く調査においても全く同じ数字が結果として出てきました。契約者の中心が40代になってくることを考えると、文字の大きさなどもイーデザイン損保のように大きくしていった方がより今の時代にあった理解できる&伝わりやすいホームページになるのかもしれませんね。

セゾン自動車火災の説明がわかりやすいと回答した8名のユーザボイス】

  1. セゾン自動車火災はページ全体が纏まっているので見やすい。「補償内容」から2台目の割引について探した結果、項目が見当たらなかったが、その代わりに「さらに見る 豊富な割引プラン」という項目を見つけ、クリックすると無事見つけることが出来たから。逆にイーデザイン損保は、同じく「補償内容」から探そうとしたが見つからず、最下部の「キャンペーン情報 2台目以降ご契約キャンペーン」を見て、ようやく欲しい情報を得ました。最下部って本当の最後の最後じゃないと見ないため、時間がかかり不親切に感じたため。

  2. おとなの自動車保険は写真や画像、説明文の全体的なレイアウトがとても見やすくて読みやすかったです。これが知りたいなと思うこともその項目をすぐに見つけることができて、35歳を超えたあとからの自動車保険のメリットを十分に理解することができました。

  3. セゾン自動車火災のほうが見積もり画面に行ったとき、1ページの中でいくつもいろんな質問があり、一気にまとめて選択できるので、次のページへ移行する際のもどかしさがイーデザイン損保よりストレスなくお見積もりができたように感じました。

  4. ぱっと見た感じと言うか、スマホで画面を見たときにわかりやすかったのはセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)です。なぜかと言うと、セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)はオレンジ色で文字も大きめでしたが、イーデザイン損害は文字が小さめで少し見づらいかなと思いました。

  5. セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)は、イーデザイン損保に比べて、本文中の文字が少ないような気がしました。ページの長さはあまり変わらないかもしれませんが、文字の大きさやデザイン?で、シンプルに見えて読みやすかったです。

  6. 2台目の自動車の新規契約ということで、それぞれのホームページを見てみました。セゾン自動車火災の方はあっという間に2台目割引の説明を見つけることができましたが、イーデザイン損保の方はなかなか見つけることができませんでした。セゾンの方がわかりやすいです。

  7. セゾン自動車火災は2台目割引について、割引額や割引対象が簡潔でわかりやすく説明されている。さらに、「良くあるご質問」では割引適用になるための条件や申し込み方法について細かく丁寧に解説されているので理解しやすいです。気になるワードにはリンクが設定されているので一層理解が深まります。

  8. セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)の方が簡潔な言葉で説明されていました。イーデザイン損保もわかりにくいということはありませんでしたが、難しい単語がダラダラ綴られているようないるとうな印象がありました。

イーデザイン損保の説明がわかりやすいと回答した12名のユーザボイス】

  1. イーデザイン損保は、契約内容の重複に気をつけるよう促しているところが、とても良心的だと思いました。おとなの自動車保険も契約の重複に関する記載はあるのですが、イーデザイン損保ほど目立つところに記載されていませんでした。

  2. イーデザイン損保がわかりやすいです。追加契約時に開いた想定であれば真っ先に「見積り」を実施したいと思います。イーデザイン損保さんはトップページに「見積り」に対するリンクが存在します。対してセゾンさんは該当のリンクが無く(もしくは見つけにくい?)断念してしまいます。

  3. セゾンは震災の被害向けに大きく問い合わせが出ているが、イーデザイン損保は重要なお知らせとして掲載しており、クリックすると別ページの震災者向けのページに変わります。震災以外の人も多いのでイーデザイン損保こちらの方が見やすいです。

  4. 上から下まで、ざっと見た時に、すぐに目に入ったのがイーデザイン損保だった。アイコンみたいな画像ですぐにわかってよかった。セゾン自動車火災は、とても見やすい色合いでよかったが、すぐに見つけられなかった。

  5. イーデザイン損保のHPは文字が大きく、カラーがとてもきれいで、デザイン性が高いです。文字の色分けや、イラスト、写真、グラフの導入など、とても見やすく分かりやすいです。項目ごとに別れていて、どこが重要でポイントなのかすぐに分かります。

  6. イーデザイン損保のほうがトップページから保険の特徴が確認できるため分かりやすかったです。また、セゾン自動車保険はリンクの羅列に対して、イーデザイン損保は画像付きで保険の特徴を説明してたため、理解しやすかったです。

  7. イーデザイン損保はトップページから2台目契約のタブがあったため、特典が明確でわかりやすかったです。一方、セゾン自動車火災保険はまず2台目新規契約の詳細を探すのに時間がかかっただけでなく、見つからなかったため、どんな特典がつくのかもわかりませんでした。

  8. イーデザイン損保はトップページから複数所有新規のタブがあったのですぐにわかりました。一方、セゾン自動車火災は「おとなの2台目新規」というような表現でわかるような、わからないような。比較するとイーデザインの方がよかったです。

  9. イーデザイン損保のほうが文字が大きくカラフルだった事で気になる箇所がわかりやすく感じました。ポイントになる箇所もPOPな形で表現があり、芸能人を起用していたので親しみやすさがあったように感じます。セゾン自動車火災の方は口コミが多く文字が細かくて見づらかったです。

  10. イーデザイン損保の方がシンプルのようにみえるが、その割には知りたい情報が適切に書かれている。見ていてもポイントポイントがおさえられているので読みやすい。図表の使い方も的を得ていて、いろいろな説明も頭に入ってきやすいように思える。

  11. イーデザイン損保とセゾン自動車火災の基本的な情報量や対応力に関して情報量はあまり大差はないと思うんですが、イーデザイン損保はCMでやってる2人の俳優、女優さんを見出しに大きく載せていて安心感が表面に出ている感じがしましたし、この状況ならこの電話番号と直ぐにでも掛けられるように電話番号が記載されているのは一目で見て実際に事故が起きた時はパニックになっているでしょうから利用しやすいと感じました。

  12. おとなの自動車保険は自分が探しても2台目以降の契約の割引のことが見つけることが出来なかったけど、イーデザイン損保はすぐに見つけることが出来て、説明も過不足なくきちんと情報が書いてあって分かりやすかった。

新規で自動車保険に加入するとすればどっち?セゾン自動車火災 VS イーデザイン損保

セゾン自動車火災のが新たに加えたALSOKの駆けつけサービスを加えても、東京海上というブランドはやはり強いですよね。約15年前の話ですが、パリの眼科の医師も東京海上だけは知っていると言っておりました。ユーザにとってのHPのちょっとした使い勝手の差もこの数字に反映されてくるのでしょうか。

セゾン自動車火災に契約をすると回答した8名のユーザボイス】

  1. おとなの自動車保険とイーデザイン損保では、保険料に7,000円超の差があったので、安いほうのおとなの自動車保険を選びました。「おとな」というか、中年以上にはとてもやさしい保険料になっています。CMでは40代50代が安いように言っていますが、60代に入ってもまだまだ安買ったです。

  2. やはり『イーデザイン損保』よりも『セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)』の方が説明が見やすく分かりやすかったので、しっかりと保証内容を理解して納得した上で加入できそうだなと思いました。特に年齢が30代以降になるとメリットがある点にすごく魅力を感じました。

  3. セゾン自動車火災を選ぶ理由として、まずはHPのわかりやすさ、ページの見やすさです。わかりやすいということはどのような契約をしたのか、印象に残っている場合が多いので、いざというとき手続きがスムーズになりそうだなと思いました。あとは、よく名前を耳にする大手保険会社なだけあり、信頼度も高く感じました。

  4. なんとなくこちらのほうがホームページをぱっと見た感じも分かりやすかったのでおとなの自動車保険(セゾン)を選びました。ただ、見積もりに時間がかかりすぎてイライラしてしまいました。簡単に見積もりだけできるものならどちらでもいい。

  5. セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)は、イーデザイン損保に比べて、お見積り回答の選択肢に「わからない」があってサクサクと進みやすかった。現在の保険や車種について私はあまり詳しくなく、ざっくりとした金額が知りたいだけなので、いちいち詳細を調べる手間はかけたくないため。

  6. セゾン自動車火災を選ぶ一番の理由はロードサービスが充実しているためです。1年目の契約からガス欠の際の給油が、JAF会員だと2回まで無料になる点は、万が一の際にとても魅力に感じました。また、拠点が13000ヶ所あるので、事故にあった際の対応も早いのではないかと思ったためです。

  7. どちらも似たようなものだし、正直どちらでもいいと思ったときにセゾン自動車火災のほうがホームページの雰囲気もよいし2台目割引も調べやすかったし、私は年齢50代なのですが、トップページに40代50代新規契約No1とありました。そういうことからセゾン自動車火災を選ぶと思います。

  8. セゾン自動車火災の方は、割引額が明白に示されているのでわかりやすい。さらに、2台目を契約することで1台目の更新にも割引が適用されるのでお得になる。早割の割引額も高いので、こちらでもお得感がありメリットをは大きいと思います。

イーデザイン損保に契約をすると回答した12名のユーザボイス】

  1. 私の車の契約してる保険会社が東京海上日動のため、イーデザイン損保を選ぶと思います。同じ系列会社であるため、親しみを感じることと、東京海上日動のサービスに満足しているため、同様のサービスを期待できることがその理由です。もし、東京海上日動に入っていないければ、サイトの見やすさ親切さからイーデザイン損保を選ぶと思います。

  2. 見積りを取りたいと思ってもおとなの自動車保険はわかりにくかったの途中で嫌になってきた。イーデザインのほうがサクサクと動いてすんなりと見積りが取れたのであまり値段が変わらないのであればイーデザインのほうを頼むと思う。

  3. 最初にデザインを見た時は、色合いや配置などからセゾンがいいと思ったが、知りたいことの情報や、また探しやすさ、見積もりの時の記入の進め方のわかりやすさはイーデザインだったので、そちらのほうがいいと思った。

  4. 実績も信頼性も、イーデザイン損保のほうが高いとサイトを見て分かるからです。値段や加入手続きなど、一番知りたいことがすぐに分かるので、読む手間も省けます。見積りもすぐにできるので、忙しいときでも利用できそうです。

  5. イーデザイン損保のほうが見積金額が安く、補償内容が分かりやすかったためです。セゾン自動車火災は見積りに時間がかかり、補償内容も分かりにくかったです。何か不明点があった時に、イーデザイン損保のほうがホームページ上から自分で調べやすそうだと思いました。

  6. イーデザイン損保を選びます。3つの特長、1.安心の事故解決力。2.充実のサービス。3.おトクで合理的な保険料。に魅力があることと、東京海上グループの100年を超える経験と実績でお客さまに「確かな安心」をお届けします。に魅力を感じました。

  7. イーデザイン損保のHPが見やすくてわかりやすい事が1番でした。入力項目も少なく感じたので手間に思わない範囲で契約などもスムーズなイメージをもちました。内容の入力などをするときに間違えた時のボタンがセゾン自動車火災のほうは見当たらず、ふりだしに戻る形でしたのでやりにくかったです。イーデザイン損保の方も間違えたときの1個戻るボタンなどは無かったものの、項目での戻るが可能だったので良かったです。

  8. イーデザイン損保のホームページの分かりやすさが一番の理由。見聞きしたことのある保険会社で、保険料がそれほど変わらないなら内容の分かりやすい方がいい。その方が何かあった時にも相談しやすいように感じる。保険なのでその方が安心。

  9. 何よりもイーデザイン損保さんのほうが字が大きいです。そのため非常に見やすい。また選択肢を選んだ際の待ちがありません。そのためすいすいと選択ができます。対してセゾンさんは画面の文字が小さいです。保険という商品を考えるとあまりにも小さい字は読めない約款等記載されていると感じるためマイナスでした。他にも項目選択で都度都度読み込みマークが表示されます。選択肢を最適化しているとは思いますが、イーデザインさんと比べるとレスポンスが悪いのが気になりました。総じてイーデザインさんのほうがわかりやすく、使いやすかった、です。

  10. サイトを実査に見比べた時に説明や対応力が入ってくるのはイーデザイン損保のほうが良いと感じたからです。やはり普段からの保険の見直しや値段なども大切ですけど、実査に事故を起こしたことを想像してみると確実に平常心ではないことが見受けられるので、その時に印象に残ってるサイトで直ぐに電話番号などが分かるほうが契約を結びやすいと感じました。

  11. インターネットの保険ではあるが、イーデザイン損保は東京海上グループの保険会社であることから、事故後十分なフォローやサービスを受けられるのではないかと期待できるからです。名の知れた有名な保険会社だと安心感があります。

  12. イーデザイン損保のほうが、自分の選んだプラン以外のプランも一緒に出してくれて、色々検討がしやすい。また、保険料がどのくらいかかるかも詳しく出してくれるので、信頼できる。さらに、無事故割引があるので、事故を起こさず運転しようという気になれる。

ユーザボイスの調査方法について

本調査は2018年9月にWEBを通じて20名の方に対して調査依頼したものです。あくまでも調査に協力いただいた方の1意見としてご活用いただければと思います。

(Visited 109 times, 1 visits today)

カテゴリー:通販型自動車保険