セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)を検討中の方へ。セゾン自動車火災とチューリッヒ保険の自動車保険を比較してもらいました

投稿日:2018年11月10日

セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)とチューリッヒ保険を比較したらどっち

セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)自動車保険を契約しようと検討している方へ。セゾン自動車火災のおとなの自動車保険に契約をしていいのか悩んで口コミ情報を探していませんか。保険ウォーカーがクラウドのワーカーに依頼をして、ダイレクト型自動車保険(通販型自動車保険)を扱うセゾン自動車火災チューリッヒ保険比較してもらいました。

セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)チューリッヒ保険

セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)とチューリッヒ保険を比較して、2台目の自動車保険を新規契約するとした場合、どちらの保険会社に加入したいと回答数が多くなるか調査いたしました。調査内容は、

  1. 2台目の新規契約に関する説明のわかりやすさ
  2. 2社を比較した結果、新規で契約したいと思う保険会社

の2点です。

【2020年】2台目の新規契約に関する説明がわかりすい保険会社はどっち?セゾン自動車火災 VS チューリッヒ保険



セゾン自動車火災の説明がわかりやすいと回答した10名のユーザボイス】

  1. セゾン自動車火災の方が分かりやすかった。まず、使われている色合いが、チューリッヒ保険と比べて見やすく、また、文字の大きさが一定だったので、見やすかった。次に、一つ一つの説明の下に注釈が入っていたため、細かな内容が分かったから。

  2. セゾンさんの方がわかりやすかったです。トップページの感じがチューリッヒさんは但し書きが多かったかなといった点が少しわかりづらかったです。※で説明があるのですが、文字も小さいので情報を拾いきるのが少し大変かなと思いました。一方で、最初にポイントとして①保険料②ロードサービス③事故対応といった3つを挙げてくれているのは、そこがいいところなんだなというのはすぐに入ってきていいと思いました。

  3. ざっと両者の公式ホームページを見たときチューリッヒ保険の方は、2台目の保険のお得感を分かる所がはっきりしなかった。セゾン自動車火災の方はセカンドカーの保険内容についてすぐ見つけることができ、夫婦のみの利用と子どもの利用に行くことができました。

  4. セゾン自動車火災は、最初に分かりやすく3つの特典が書いてあった。分かりやすく簡単に書いてあったので読みやすかった。必要な補償だけを書いてあるのでごちゃごちゃしていない。なぜ選ばれるのかを分かりやすく書いてあった。無料サービスが分かりやすかった。

  5. 書き出しは両社ともとっつきにくいですが、その後に続く理由の説明が、チューリッヒ保険は箇条書きの説明に対し、セゾン自動車火災のほうはイメージ図も用いて分かりやすく解説されています。視覚的な分かりやすさという意味でセゾン自動車火災を選びました。

  6. セゾン自動車火災は、公式ページトップ内で、事故が起きた時の対応のながれがどのようであるのか、簡潔に記載されており分かりやすい。また、トップページからチャットで質問できるようにウィンドウが表示されており、簡単に質問できる感じが安心感がある。

  7. セゾン自動車火災の方が割引金額が明確だから。等級の割引のほうが割引率が高そうに感じるが、明確に金額が分かった方がわかりやすいと感じる。チューリッヒ保険の説明は親切だが、メリハリ(文字の色が違うなど)がなく「文字が多い、読むのが大変」というイメージを持った。

  8. セゾン自動車火災は、ウェブサイトを開いてすぐ見積もりへの案内が目について探しやすかったです。見積もり時の選択項目でどれを選べばいいのか、ページ全体のデザインの色やフォントが見やすく(大事な部分を太字にしている等)分かりやすかったです。

  9. セゾンの方は2台目の説明があるページを開くと画面上部に2台目の保険料が600円/台安くなる記載があり分かりやすい。チューリッヒは「よくある質問」のページまで行って、細かい文字で「割引はないが特典がある」ことがようやく分かったため。

  10. セゾン自動車保険の説明がわかりやすかったです。写真や図などのデザインが理解しやすさ、わかりやすさがより増し、見やすいと感じるポイントかと思います。チューリッヒ保険のサイトはわかりやすいが、セゾンと比較すると簡素すぎると感じがします。


チューリッヒ保険の説明がわかりやすいと回答した10名のユーザボイス】

  1. 両社とも二台目の車に対するセカンドカー割引のサービスがありますが、セゾン自動車火災保険よりもチューリッヒ保険の方が見積もりやセカンドカー割引の内容が簡単に説明されており、視覚的にもわかりやすいように画像やイラストが使われているため。

  2. 分かりやすさという点では私はセゾン自動車火災よりはチューリッヒの方が良いと思います。文字が見やすくてどこのどのような事が書いてあるか見る際にはチューリッヒ保険の方が良いです。

  3. セゾン自動車火災はセカンドカー割引の説明ページに行きつくのに苦労しました。「2台目割引」などで検索すると「おとなの2台目割引」のページばかりが出てきます。説明内容はチューリッヒ保険の方には1台目との補償内容の重複に対する注意の記載があり、親切だと感じました。

  4. どちらも見積もりボタンや選択肢ボタンはわかりやすく、操作は簡単でした。チューリッヒ保険のほうが文字が少なくすっきりしていたので、内容が頭に入ってきやすいように思いました。セカンドカー割引設定は双方とも最初のほうにありました。

  5. セゾン自動車火災はセカンドカー割引に関してはログインを求められ、そこから先の説明は基本的に見当たりませんでした。チューリッヒ保険も見積もりの最初のページでセカンドカーを選んだ場合ログインを求められますが、通常の見積もりでも途中で簡易な解説がありわかりやすいです。

  6. チューリッヒ保険のHPの方が、2台目以降の契約や家族・友人の紹介時のキャンペーンといったものがページ上部に配置されており、どういった特典があるのかわかりやすいと感じた。また、画面スクロール時に下部に出現する見積もりへの案内が大きい点が見やすいと思った。

  7. チューリッヒのHPでは、少しスクロールするだけで2台目の自動車を新規契約する場合特典があるという情報を得ることができたが、セゾン自動車火災ではなかなか見つけることができなかった。チューリッヒ保険では長い文章で説明というより、手順などが丁寧に記載されているのでわかりやすい。

  8. セゾン自動車火災は、全体に文字が詰まっている感じで読みづらく、選択ボタンも小さく見づらい。チューリッヒ保険は、HP全体にゆったりとした余白がありテーマごとに分けられおり、ボタンも大きくイラストの説明も見やすく分かりやすかった。

  9. チューリッヒ保険のサイトの方がわかりやすく感じました。まず、デザインがゆったりとしていて、自分が求めている保険のリンクボタンがわかりやすい点、導線がしっかりとわかりやすく表現されているように思います。

  10. イラストと文字のバランスがよく、見やすく読みやすいのがチューリッヒの保険だと感じた。同じくセゾンも割引率や安さの提示もしっかりされているが、いまいちピンとこない。チューリッヒは、他保険会社からの移行もできるポイントも高く、チューリッヒに軍配をあげました。


【2018年】2台目の新規契約に関する説明がわかりすい保険会社はどっち?セゾン自動車火災 VS チューリッヒ保険

ウェブサイトのわかりやすさは互角の結果になっています。それぞれの好みの違いがあるものの、大きな利便性の差にまではなっていないようですね。またユーザボイスにあった、サイト内検索に関する利便性の指摘は今後の改善課題ですね。

セゾン自動車火災の説明がわかりやすいと回答した10名のユーザボイス】

  1. セゾン自動車火災の方が文字が見やすく、大事な部分は色分けされていたり、太字だったりして分かりやすいと思いました。大事な部分が頭に入りやすいです。タレントさんの画像が、所々入っているので親しみを感じました。

  2. おとなの自動車保険は、絵や図、写真などが豊富に使われていて、頭にパッと内容が入ってくるHPだったからです。また、重要箇所を分かりやすくまとめつつ、詳しい内容も丁寧に説明がなされているので、より深くサービスの特徴について理解できるHPだという印象を受けました。

  3. 2台目以降キャンペーンのバナーはどちらのトップページにも記載がありましたが、セゾン自動車火災の方がごちゃごちゃしていなくて、色分けや図解がメリハリきいてサイトが作成されていたので、セゾンの方がわかりやすいと思った。

  4. どちらのHPからも「2台目の車だといくら安くなる」といった明確な情報は探せませんでした。見積もり段階で、セカンドカーについての項目があったので、それを見て値段が違うのかな、と思った程度でした。おとなの自動車保険は、セカンドカーについての項目が選択しやすかったので選びました。

  5. おとなの自動車保険は、文字が大きくしてあり、とてもわかりやすい。フォントの色も見やすいので、すぐに目に入った。スペースが多く、一文字一文字がはっきりと見ることができた。説明が丁寧で細かいところまでしっかりと理解することができた。

  6. セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)は、2台目割引に関して、600円割引と明示されている。そのうえ、申し込む際の必要条件も具体的で分かりやすく説明されているので、沢山の時間をかけなくてもすぐに理解できました。

  7. セゾン自動車火災は、上下に求めている項目の事故にあった方や、お見積もりを希望の方などがピックアップされているところがいいと思いました。またもし事故にあった時は、どこに電話すればいいのか慌てているので、色別にしてあってとても見やすかったです。

  8. これは断然セゾン自動車火災の方がわかりやすい。セゾンも最初のページには2台目についての言及はなかったが、サイト内検索をかけるとすぐに情報が出てきて、わかりやすく説明してあったが、チューリッヒ保険は探しても2台目については出てこなかったし、サイト内検索の欄もなかった。

  9. セゾンは必要な項目の見出しが大きくわかりやすいです。説明も初めから書いているのではなく必要かなと思う時にちょうど良く書いているような感じがします。チューリッヒ保険もまとめてわかりやすいとは思いますがタイトルのインパクトがなく文字が多すぎるように感じなかなか頭の中に入りずらいです。

  10. セゾン自動車火災は、色使いが鮮やかで、第一印象がとてもよかったです。図解がしてあって、知りたいことがどこに書いてあるのか、すぐにさがせました。なにより、2つのHPをくらべてみて、金額よりも補償内容のことが先に掲載されていたこともよかったです。

チューリッヒ保険の説明がわかりやすいと回答した10名のユーザボイス】

  1. チューリッヒの方が、スマホ向けに見やすくデザインされていると思います。読むポイントがボックスで囲まれていて、区切りがわかるので必要なところを探して読めるし、スマホで下にフリックして流し見がしやすいと思いました。セゾンは白い背景にそれぞれの説明が特に区切られずに配置されている上、左右の画面ギリギリまで文章が広がっていて見づらいです。視点移動がめんどくさいです。

  2. チューリッヒ保険サイトは、一番見えやすい位置に見積もりのボタンがあり、分かりやすかった。また、2台目の自動車を新規契約をしたい場合の選択もボタン1つで早く入力できたため、煩わしくなく気持ちが良かったです。

  3. チューリッヒ保険の方は「新規加入をご検討の方」など、一目で調べたいことがどこにあるかがわかったが、セゾン自動車火災の方は、最初どこから契約を行えばいいのか、どういった保険内容なのかを知るための導線がわかりづらいとかんじた。「セゾン自動車火災」のページから「おとなの自動車保険」のページに入るまでにおぼついた。

  4. チューリッヒ保険はトップページに、自動車保険、バイク保険、傷害保険の選択があり、クリックすると希望の保険のページに行けるので作業が少なくて分かりやすいです。セゾン自動車火災は最初の段階で、複数の項目があり、目的の項目を探すのがかなり大変です。

  5. チューリッヒはどのような対応をしてくれるかについて、「お客様一人ひとりに専任担当者が対応」「事故受付から1時間以内に迅速対応」「最短で当日に保険金をお支払い」とトップページの早い段階で書かれており、分かり易く信頼できる。ロードサービスの説明や、実際に利用している客の声もあって分かりやすかった。

  6. チューリッヒの写真の男性のほうが信頼できる。チューリッヒ保険の方が図など使ってあったり、イラストなど使ってあって優しくわかりやすいと感じました。ホームページの色も薄く、内容も詰め込んでないので分かりやすいです。家族の写真も好感が持てます。

  7. 多様な割引があるということが、トップページをスクロールして行けば見られる見つけやすいところにあり、わかりやすかった。セゾンの方は、インターネット割引以外にも割引がありそうだが、すぐには見つけられなかった。

  8. チューリッヒはページの雰囲気が少し古臭くてトップページが長すぎるなと思います。ただ、セゾンはホームページがオフィシャルページという感じがせず、より古臭い雰囲気がありました。トップページが短いのはいいと思いますが、文字が小さくて文字数も多くトップページに関心を持ってもらいづらいと思います。消去した結果がチューリッヒです。

  9. チューリッヒ保険の方が、具体的な数字が書かれていてわかりやすいです。前の保険と比べて年間保険料が約2万節約できるとか事故対応満足度が約100%などと数字で表示されるので分かりやすかったです。それと冒頭だけにイメージキャラクターの俳優の方の顔が出ているのもよかったです。

  10. チューリッヒはテーマカラーの青が程よくきいていて見やすいです。ページのスクロール量も多すぎずちょうどいいです。セゾンは色を使いすぎている気がします。話し言葉の吹き出しや下部のメニューのところなどオレンジベースのカラーがくどく感じます。


【2020年】新規で自動車保険に加入するとすればどっち?セゾン自動車火災 VS チューリッヒ保険



セゾン自動車火災に契約をすると回答した11名のユーザボイス】

  1. セゾン自動車火災です。チューリッヒ保険は、見積もりに関係のない個人情報入力を要求されて、入力しないと見積もりの金額が見られません。勝手にマイページができてしまうのも抵抗があります。会社の決定後は便利なのかもしれないけれど、その姿勢がいやでした。

  2. 少し悩みましたが、セゾンさんを選ぶかなと考えました。チューリッヒさんは、やはり個人情報の入力を細かくしないといけないのが面倒だし、印象がよくないです。新車で購入としたら、距離をたとえあまり走らなかったとしても、車両保険はつけたいので、車両保険をつけても、セゾンさんの方が少し保険料としては高かったですが、事故時にALSOKさんの駆けつけサービスがあるという点でも安心できるセゾンさんがいいなと思いました。

  3. セゾン自動車火災と言う名前がチューリッヒ保険よりも、加入した際の安心感があると感じた。ホームページの使い勝手もセゾン自動車火災の方が良く感じた。価格には関して両者ともにかなり低価格なので、値段よりもかえってホームページの読み易さが一番の決め手になった。

  4. セゾン自動車火災のサービス内容が分かりやすかった。急に事故が起こっても24時間365日対応していてLINEでやり取りできるのでいいと思った。無駄な保険料を払わなくていいところがいいと思った。ネット予約の割引が大きいのもいい。

  5. セゾンのほうが個人情報などの入力なしに見積もりが取れることが大きいです。無闇な個人情報の収集は目先の囲い込みとしては有効かもしれませんが、信頼関係で成り立つ保険会社などでは正直あまり有効には思えないところがあります。

  6. 見積シミュレーションを行った時の操作性は両社ともあまり違いはありませんでしたが、チューリッヒ保険はユーザー登録しないと見積シミュレーションできないところが問題。セゾン自動車火災は見積結果に対して、なぜ無償補償なのか?等の一歩踏み込んだ解説もあるので、事前に深く検討して契約に臨むならこちらを選ぶと考えました。

  7. チューリッヒ保険は見積もりの段階で個人情報までかかなければならずめんどくさい。自動車の情報を入れるのにも一苦労だったのにまだいれなきゃならないの!?とうんざりした気持ちになった。セゾン自動車火災の見積もりは、わかりやすく簡潔だった。中高年むけのイメージが強いが、こちらを契約すると思う。

  8. セゾン自動車火災は選択事項で迷ったときにどれを選べばいいか分かりやすかったのと、見積もりの画面が詳しく説明されている感じがしました。チューリッヒ保険は個人情報を登録しなければならず少し面倒に感じました。

  9. セゾン自動車火災は見積もり時に分かりやすいボタンで動きもスムーズに進むことができました。チューリッヒ保険はボタンも大きくとても見やすい画面でしたが動きが遅く固まって選択ボタンが押せないなど重い感じがしました。また見積もり最終時に名前などの入力をしないと見積り金額がでないなど気軽に試せないし比較できない感じがありました。

  10. セゾンの方がHPが見やすくまた概算見積を取るのが簡単だった。逆にチューリッヒは概算見積を取るのに個人情報を入力せねばらず煩雑だった。また、セゾンはサービス拠点が13,000箇所だが、チューリッヒは9,500箇所と差があったため。

  11. セゾン自動車火災は、40代、50代であるわたしの年代をターゲットにした保険会社ということで選びました。また、アルソックと提携したサービスは万が一の事故の際に非常に安心感があり、魅力的です。未経験であるがゆえに緊急隊員がかけつけてくれることは心強いと思います。


チューリッヒ保険に契約をすると回答した9名のユーザボイス】

  1. チューリッヒ保険は、セゾン自動車火災に比べて、1年目に保険料はかかるが、それ以降の運用次第でトータルで見た時に、お金がかかりにくい仕組みだと感じたから。また、サービス面では両者に大きな差は感じられなかったため、金銭面のみで判断した。

  2. 両社とも同じ条件でセカンドカー割引の見積もりをしたところ、セゾン自動車火災保険よりもチューリッヒ保険の方が価格が安く抑えられることが選んだ第一の理由です。また、手続きに関しても面倒なことなく時間もかからなさそうなので選びました。

  3. 私がチューリッヒ保険を選んだのはこちらの方が保険の内容的に良いように思ったからです。ロードサービスで安心できる方が良いと思ったのでチューリッヒ保険にしたいです。

  4. チューリッヒ保険の安さには驚きです。セゾン自動車火災より約20%安いです。ただし、チューリッヒ保険は見積もりだけしようとしても個人情報の入力をしないと見積もりができません。おそらくでたらめな内容を入れる人が多いと思うのですが、それでも入れさせることに意味があるのでしょうか?

  5. チューリッヒ保険の方が、ロードサービスが分かりやすく安心感を感じたのが決め手となった。トラブル発生時に何をしてもらえるかを重視しているため、レッカーや給油についての記載がHP上部に記載されている点が具体的で、より安心感を得られるものであった。

  6. 同じ補償障内容なのに、セゾン自動車火災よりもチューリッヒ保険の方が保険料が安かった。また、現在契約中の保険会社よりも保険料が安く、乗り換える事も検討してみようかと思った。CMなどでチューリッヒは安いという印象を持っていたが、確かに間違いではないなと、見積もりを取ってみて改めて思った。

  7. チューリッヒ保険のほうが知りたい情報や大切な情報が探しやすいというのと、見積もりのバナーが下にあるのも素晴らしい。新規契約の見積もりも答え易く、よりシンプルではやく見積もりが取れた。HP自体チューリッヒ保険の方がシンプルでありながら、写真やイラストがあるのでわかりやすい。保険と聞くと複雑で難しいようなイメージがあるが、それを全く感じさせない。HPの下のほうににお客様の声や会社についてなどがあるのも、チューリッヒ保険って信頼できる会社なんだなと率直に思った。

  8. チューリヒ保険の方が印象が良く、割引を利用すると支払い価格が低く抑えられたことがいちばんの理由になります。契約に含まれるサービスがわかりやすく、自動車を利用するときに必要なものがきちんと揃えられているように思います。

  9. チューリッヒを選びました。無駄な特約などを徹底的にコストカット、中間マージンもないので手軽な安さと最低限の保障がラインアップされているのが魅力です。家計を圧迫しない程度、かつ安心な保険に加入したいなら、セゾンよりもチューリッヒの方が魅力に感じます。


【2018年】新規で自動車保険に加入するとすればどっち?セゾン自動車火災 VS チューリッヒ保険

ウェブサイトの情報のとりやすさでは、互角の結果になっていたので、このセゾン自動車火災とチューリッヒ保険を比較された場合、圧倒的にセゾン自動車火災が選ばれる結果になりました。見積もり条件の入力において、かなり利便性の差が生まれているようですね。

セゾン自動車火災に契約をすると回答した16名のユーザボイス】

  1. セゾンの方が見積もりがやりやすい。チューリッヒはいちいち数字の入力のたびにページがアップになって、少しイライラして、もういいかなと思う瞬間がありました。2つで迷っていたら入力がやりやすかったセゾンを選ぶと思います。

  2. セゾン自動車火災は、見積もりする際に必要事項を入力するのに時間がかかりますが、圧倒的にセゾン自動車火災の保険料の方が安く、どのような割引やサービスがあるのかが詳しく丁寧に説明されていて安心感がありました。

  3. セゾン自動車火災の方がホームページの説明がとても分かりやすかったからです。あと割引も適用されるみたいなので、セゾン自動車火災の方がいいと思いました。あと口コミでも調べましたが、評判も悪くはないと思ったから此方の保険を選びました。

  4. セゾン自動車保険はホームページの第一印象はよくなかったが、車のことは詳しくなかったが、記入漏れをした際、どこが間違っている部分かの説明がわかりやすく感じた。チューリッヒ保険の方は見積もりページがスマホ対応になっておらず、記入が厄介に感じた。

  5. セゾン自動車火災の見積もりがとるまでが楽。チューリッヒ保険は見積もりだけでも、氏名、住所、メールアドレスなどを登録しないといけない。登録したら、広告メールがたくさん来そうで、なんか面倒だなって思い、気楽に見積もりを調べることができないと分かりました。

  6. セゾン自動車火災はALSOKが24時間365日対応してくれるのは心強い。また見積金額を自分の車で出してみたが、納得できる価格であった。

  7. セゾン自動車火災は、自分の日常生活に合わせて自分で補償を選べるという点がとてもいいと思いました。本当に必要な補償だけを選ぶことで、保険料をぐんと抑えられそうです。また、もしものときにALSOK隊員が現場に駆けつけてくれる点も心強いと思いました。そして、これが契約者全員が受けられる無料のサービスというところもとても良いと思います。

  8. 見積もりをとるまでにおとなの自動車保険の方がチューリッヒより時間が単純にかからなかったということ。また、ホームページでのわかりやすさが決めてになりました。ぱっとみてすぐ操作できる方が面倒くさくなくて加入してもいいかなという気持ちになりやすいです。

  9. おとなの自動車保険は知名度も高いし、CMをよく見かけるので信頼感がある。見積もりの結果の価格も高すぎず安すぎず、しっかり対応してくれそうだなという印象。また、必要な分だけ補償がつけられるという点がとても魅力的だと思った。

  10. チューリッヒ保険の強みかあまり伝わってきませんでした。その点セゾンの保険は特徴がわかりやすく、またちょうど自分が対象の世代にいるということで魅力を感じました。オプションの特約も充実してそうでいいです。

  11. セゾン自動車保険で新規契約にした方が、割引に魅力を感じた。また、見積もりをとってみて、こちらの方がお得になると思った。ホームページが全体的に見やすく、好印象をもてた。画像も好感を持てる物が多く、信用できる気がした。

  12. チューリッヒ保険のサイトは、ページにより掲載内容が違っているので混乱します。例えば、2台目割引について、FAQでは、「現在のところ、当社では、複数台契約による割引制度はございません…」と記載されているのに、「ご存知ですか?2台目以降の契約時のお得な制度」として、メリットポイントとしてPRしている。混乱します。内容全てが信頼できません。セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)は、内容が具体的な例を挙げて説明しているので分かりやすい。

  13. おとなの自動車保険はサイトの表記が丁寧で、見積もりを試しで出して見たら、実際に販売している方とやり取りをしているような気分になったから。見積もりの数字の入力などは少しタイムラグがあったため、そこがかいぜんされたら更によくなると思った。

  14. この二社で比べると、セゾン自動車火災の方がとてもサイトが見やすかったのが一番の理由です。チューリッヒ保険もシンプルで使いやすいとは思いましたが、シンプルすぎて情報が少ないように感じたし、アピールしたいポイントも伝わってこなかった。

  15. おとなの自動車保険は、各項目でタレントの画像がわかりやすくインパクトがありこれだけでも次を見てみたいと思います。また見積もりの入力画面では注意事項がちょうどいいタイミングで出てくるために注意するところがわかりやすく安心できます。段階を踏んだ説明で探さなくとも必要だと思うことが順に出てくるためにわかりやすいところで契約したいです。チューリッヒ保険は少しまとまりがないところで見にくいのがマイナスです。

  16. セゾン自動車火災さんの保険料が、2つの自動車保険の見積りをとってみて単純に安かったからです。HPの内容が好印象だったこともありますが、見積りの際の質問が細かかったので、そのぶん見積りも正確だろうと思いました。

チューリッヒ保険に契約をすると回答した4名のユーザボイス】

  1. 何だかホームページを見ただけで、安心できたのはチューリッヒ保険です。ロードサービスも24時間受付で、補償がしっかりしていると感じました。チューリッヒのサービスのほうが30年の歴史があって、信頼できるため。

  2. チューリッヒは見積もりページが一気に出てきてくれなくて小出しに出てくるので正直見積もりが取りにくいです。パッと入力項目をコンパクトに出してくれた方が早く済みます。ただページの分かりやすさと雰囲気の明るさからチューリッヒを選ぶかなと消去法で選びました。

  3. 年間保険料が節約できることや事故対応がとても満足できるようなので、チューリッヒ保険が信頼できるような気がします。セゾン自動車火災保険はどうしても、イメージキャラクターの俳優の方に目がいってしまって、説明文があまり頭に入ってこなかったです。

  4. 見積もり結果ででてくる金額はおとなの自動車保険の方が安かったのですが、車両保険をつけるとミニマムなものにしてもチューリッヒ保険より高くなってしまいました。チューリッヒ保険は車両保険付きの値段をはじめから提示してあって、良心的だと思いました。

ユーザボイスの調査方法について

本調査は本調査は2020年4月ならびに2018年11月にWEBを通じてそれぞれ20名の方に対して調査依頼したものです。あくまでも調査に協力いただいた方の1意見としてご活用いただければと思います。

ダイレクト型の自動車保険を比較するならここ!

🚗【3分❗】自動車保険の見積もりをすぐに確認する‼️

(Visited 485 times, 1 visits today)

著者の情報

日吉 浩之
日吉 浩之自動車保険の専門家
国内系大手損害保険会社でにて主に自動車販売会社の代理店営業を経験したのち、SBIホールディング社にて日本最大級の一括見積もりサイトの運営に従事。生損保約40社とのビジネスを介して、保険のダイレクトマーケティングを行ってきました。
是非この記事を評価ください

カテゴリー:通販型自動車保険