チューリッヒ保険を検討中の方へ。チューリッヒ保険とアクサ損害保険(アクサダイレクト)の自動車保険を比較してもらいました

投稿日:2019年1月19日

チューリッヒ保険とアクサ損害保険(アクサダイレクト)比較して選ぶならどっち

チューリッヒ保険に自動車保険を契約しようと検討している方へ。チューリヒ保険の自動車保険に契約をしていいのか悩んで口コミ情報を探していませんか。保険ウォーカーがクラウドのワーカーさんに依頼をして、ダイレクト型自動車保険(通販型自動車保険)を扱うチューリッヒ保険アクサ損害保険(アクサダイレクト)比較してもらいました。

チューリッヒ保険とアクサ損害保険(アクサダイレクト)

チューリッヒ保険とアクサ損害保険を比較して、2台目の自動車保険を新規契約するとした場合、どちらの保険会社に加入したいと回答数が多くなるか調査いたしました。調査内容は、

  1. 2台目の新規契約に関する説明のわかりやすさ
  2. 2社を比較した結果、新規で契約したいと思う保険会社

の2点です。

2台目の新規契約に関する説明がわかりすい保険会社はどっち?チューリッヒ保険 VS アクサ損害保険

老舗の外資系2社の通販型自動車保険を取り扱う2社ですが、双方ともに大きな差は生まれませんでした。ただ、WEBサイトの検索機能において違いがあるようで、使い勝手の良さに課題が見えます。

チューリッヒ保険の説明がわかりやすいと回答した9名のユーザボイス】

  1. アクサのサイトで検索してみたら、「複数所有新規割引についてはこちらをご覧ください。」というタイトルのページが検索されました。「複数所有新規」という言葉は、自動車保険に詳しい人でないと、なかなか分かりづらいのではないでしょうか。アクサがだめということで、チューリッヒ保険がいい。

  2. チューリッヒ保険は、見積もりに入る前にどういった保険を希望しているのか(2台目購入)に、よってわかりやすくカテゴリー分けされた説明のページが設けてあった事が良かったです。2台目の加入はどういった保険になるのか、セカンドカー割引についての解説ページを見て2台目購入のシステムを理解する事が出来ました。自動車保険はわからない事が沢山あるので解説ページがあると安心できます。

  3. チューリッヒは、利用者の声が複数記載されており、自分との比較にもなるし、分かりやすかった。サービスの内容が細かく記載されていて、 分かりやすかった。また料金や、支払方法なども分かりやすく説明が記載されているので分かりやすかった。

  4. チューリッヒ保険は、TOPページに必要な情報が集約されており、自分のプランにあった契約がすぐに分かったからです。特に事故満足度95.9%という数字はかなり魅力的で、事故対応専門のオペレーターがいらっしゃるのも頼もしいと思いました。

  5. チューリッヒ保険のHPの方がアクサ損害保険よりもわかりやすいと感じた理由は、シンプルな色使いと重要なことだけが書かれているところです。チューリッヒ保険のHPは文字の色が統一されており、大事な値段や割合なども目立つオレンジで書かれていて強調されているので分かりやすいと感じました。

  6. チューリッヒ保険のほうが具体的な保険料を書いてあってわかりやすかったです。特に車種別に例を出してあるのが好感が持てました。アクサ損害保険も決して分かりにくいわけではありませんが、見た目が少しごちゃごちゃしていて読みづらいと感じました。

  7. チューリッヒ保険の方が字体の方もアクサに比べて大きくわかりやすかったです。また、事故対応の説明が丁寧に記載されており、困ったことがあれば何でもこのホームページを見れば解決できそうでわかりやすかったです。

  8. まずチューリッヒはHP自体が見やすくて分かりやすい。利用者が知りたい内容がキチンと説明されている。ガードレールにこすってしまった時などの自損事故にも保険が使えるとは味右手知りました。また、地震などの災害にも自動車保険が適用される事も初めて知りました。

  9. チューリッヒ保険の方が詳しく書いてあったため。必要な書類なども書いてあり、とてもわかりやすいと感じました。特約の重複見直しの事なども書いてあって、自動車保険の事がよく分かっていない人にも分かりやすいなと感じました。

アクサ損害保険の説明がわかりやすいと回答した11名のユーザボイス】

  1. アクサ損害保険の方が1つ1つの特徴についてより詳しく説明されていたので、分かりやすいと感じました。また、一例を用いての説明などもあり、サービスをより身近に感じることができるHPになっていると思いました。

  2. 初めはチューリッヒのがスッキリして見やすいかなと思ったのですが、アクサの方がどちらかというと詳しく書かれているように感じます。しかし補償内容などはチューリッヒの方がよかったですね。それぞれ特徴がありましたがどちらかというとアクサって感じです。

  3. アクサダイレクトは、少しスクロールさせるとお見積もりご検討ボタンがありインターネット割引が最大で20000円と言うのがとても目についてお得感があるなと思いました。フリーダイヤルも書かれていて土日祝日も普通に対応していることにちょっとビックリしました。全体的に伝えたい事と見積もりボタンしかなくとても見やすかったです。

  4. 全体的に二つのサイト共に簡単で簡潔に書かれていてとても見やすかったのですが、アクサ損害保険の方が岡田将生君の下にネット割引最高20,000円の文字が書かれており、これが大変魅力的に見えて見積もりをしてみようという気にさせてくれると思いました。見積もりボタンも真横にあるのですぐに見積もり画面に移れます。

  5. アクサ傷害保険のホームページは、チューリッヒ保険と比べてページのレイアウトがよく、どこを開けばいいのかがすぐわかって、知りたい情報が見つかりやすいと感じたから。それはホームページにとってとても大切なことだと思う。

  6. どちらもWeb上のタブから説明ページに飛ぶことができ、探し易さには大きな差はない。説明ページについては、チューリッヒは基本的な説明しかなく、適用条件も分かりにくい(「自家用5車種」などイメージしにくい)のに対しアクサは説明、図解、適用条件がコンパクトにまとめられておりわかりやすく、また「自家用5車種」などの用語ではなく、具体的に自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車または特種用途自動車(キャンピング車)といった記載になっておりイメージがしやすい。

  7. アクサの方がまず視覚的に優しくて目にすんなり入るのでまずは目を通そうかなという気持ちになる。スマホやタブで見ると先に見積り申し込みの表示がでるがチューリッヒは乗り換えキャンペーンがそれに該当する。アクサは最初に控えめながらドーンと割引額訴求してからすぐ見積りのボタンが表示される部分が大きい。

  8. アクサ損害保険のほうがコンパクトにまとまっていて、しかもページが開きやすいと思いました。パット見て、こちらのほうがわかりやすいとも思いました。専門家ではないので見た目の第一印象のみで決めるとそういった結論に至りました。

  9. 最初の印象ではアクサ損害保険がわかりやすいと思います。画面の色がハッキリしているために必要な所が探しやすいと思います。チューリッヒ保険は画面にメリハリがないように感じます。そのために全体的に見たい項目が探しにくく感じます。

  10. アクサ損害保険は2台目割引のページだけで、割引の説明や適用条件、割引額まで表記されているので、あちこち見なくても良い。具体例がイラスト付きで記されているので、とても分かりやすい。見積へのリンクもあり、すぐに費用な確認ができる。

  11. アクサ損害保険の方が単純に知りたい情報がすぐにわかるようにホームページが作られていると思いました。チューリッヒの方はページが見づらくて見積もりをしようと思っても探したいものがどこにあるのかわかりづらかったです。

新規で自動車保険に加入するとすればどっち?チューリッヒ保険 VS アクサ損害保険

通販が中心の2社にとって、安心と保険料の安さがキーになってきますよね。テレビコマーシャルの配信量とインターネット割引の最大値が原因の一旦でしょうか。チューリッよりアクサを選ぶ方が多いようですね。

チューリッヒ保険に契約をすると回答した7名のユーザボイス】

  1. チューリッヒ保険のサイト全体を通してカテゴリ分けやレイアウトが非常に見やすく配置されていて、記載内容も完結でわかりやすかったです。自動車保険になれていない人でも安心して相談できる雰囲気が感じられました。アクサダイレクトは少し煩雑で、見たい項目があってもずっと下から見積もりのバナーが出てきて見辛かったです。ささっと見たい項目を選べると見積もりにも進みやすくなるのかなと思います。

  2. チューリッヒは一番はサービスの内容が充実して、信用できると感じたからです。あと割引サービスもあったりして、料金も納得できるものだと感じたからです。 また保険金の支払いを、手続き終了後、最短当日というところにもとても魅力を感じたかららです。

  3. チューリッヒ保険は保険料の安さだけでなく、事故対応のスピーディーな対応と、その後アフターフォロー(無料ロードサービス)がこちらのほうが充実していたからです。ドライバーにとって信頼できるサポート内容は必要不可欠なので、安心感がありました。

  4. チューリッヒ保険のほうがより補償がしっかりしていると感じました。電話での相談窓口がHPの目立つところにしっかり書いてあるのも好印象です。ネットだけではなく対人での説明を重視したいので、よりサポートがしっかりしてそうなチューリッヒ保険を選びます。

  5. 保険の内容がとても分かりやすく説明されていて安心出来る。所謂、自動車事故である対人障害や対物損害以外の自損事故や災害時の被害にも対応できる事が魅力的に感じました。保険料は必ずしも安いとは思えない面もありますが、全体として丁寧な説明内容で信頼性が高いと思います。

  6. チューリッヒ保険は最初の画面で少し見にくいところがありますが、必要な項目を入力するときの質問が抵抗なくまた必要なことを一つずつ聞いてくれますのでストレスなく入力しやすいです。アクサ損害保険は入力項目の一番最初が個人情報で入力後に勧誘の電話がきそうで抵抗があるためにチューリッヒ保険にしました。

  7. チューリッヒ保険の方がホームページの説明が丁寧で分かりやすく、安心して契約できると思いました。また、どんなところがこの保険の良いところなのかも分かりやすかったです。何かあった時もすぐ対応、丁寧な対応をしてもらえるのではないかと思ったためです。

アクサ損害保険に契約をすると回答した13名のユーザボイス】

  1. アクサ損害保険の方が事故対応に親身になってくれそうな印象を受けたからです。社員の顔写真とともに、事故対応に関する社員の声が掲載されているので安心感を感じることができました。また、無料で様々なサービスがセットになっているところも魅力的です。

  2. 人身傷害を無制限にしたので、搭乗者傷害を外そうとしたのですが、チューリッヒの場合は外すことが出来ませんでした。両社とも搭乗者傷害を同じ条件で付けるとチューリッヒの方が保険料は安かったのですが、不要なものが外せないのでアクサダイレクトにしました。

  3. アクサは事故をした時のサポートがすごそうだなと思いました。チームで事故に対応してくれるので安心感があります。保険で一番いいのは事故対応とサービスでレッカーも制限なく無料というのもいいですね。指定したら距離に制限が付きますが。一応、最高水準のインターネット割引もあるのでそれもいいですね。あくまで最大がですが。見た感じ総合したらアクサになるのかなと。

  4. 条件に応じて値引きされていくのがチューリッヒ保険だと最大で12,000円なのに対してアクサ損害保険だと20,000円であるところが魅力的であり、その人に一番ぴったりなように保険をカスタマイズ出来るところからアクサ損害保険を選びました。

  5. アクサ損害保険のHPで、岡田将生君の横にあるお見積もりボタンからページに移行したのですが、見積もり画面も個人情報や車の情報等も入力するところが見やすくてとても分かりやすく簡単に見積もりすることが出来ました。インターネット保険で割引が効くとかなりのお安いお値段になる事にビックリしました。

  6. アクサダイレクトは事故の時の連絡先もすぐ下に書かれており親切だし評価が4.2というのもなんか安心感を感じさせてくれる。見積もり画面も住所氏名や連絡先、契約する車両についてもとても簡単に入力することが出来ました。インターネットの保険が割引されると年間でこんなにも安くなるんだととてもビックリしました。

  7. 一番の理由はアクサ傷害保険の方がチューリッヒ保険と比べて値段的に見てお得だと感じたから。また、ホームページ読みやすさなどもアクサ傷害保険の方がよくできていて企業としてより信頼がおけるイメージが出来たから。

  8. アクサはHPの説明がわかりやすく、保険料自体もアクサの方が同条件では安かった。補償内容をみると、アクサの方が事故の相手先に対する補償内容が手厚い印象。一長一短はあるが、トラブルになった際のことを考えると、相手先への補償が手厚い方が無難と考える。

  9. 金額自体の差異はさほど気にならなかったのだが、個人情報を入力していく過程でアクサ損害保険の方が入力が親切な部分が多かったのでアクサの方がいいかなと思わざるを得ない。自動車の型式を入力したり、名前を入力する段階でカタカナが自動的に入ったり極力手間をはぶくような心遣いをしてる感じがあるから。

  10. アクサを選びます。人それぞれ、走る距離が違いますのでそれによって保険料が設定されるっていうのは、家庭にもあまり打撃を受けず良心的だなと思い選んだ一番の理由です。また、事故対応も消費者が困っていることは、ほとんど無料で対応してくれそうで気軽に連絡できそうだなと思いました。

  11. HPの見た目の印象度から言って、アクサ損害保険のほうがわかりやすかったです。くどい説明は嫌いなので、シンプルなのが一般人にとってはいいのではないでしょうか。まぁ、実際はそんなに変わりがないのでしょうが、ぜひともという場合にはこちらを選びました。

  12. 補償やロードサービなど、ほとんど同じで大き差異はないが、インターネット割引が、チューリッヒ保険12,000円、アクサ損害保険20,000円と、アクサ損害保険の方が大きい。チューリッヒ保険には、早割もあるが、それを適用しても、アクサ損害保険の方がコストを安く抑えられる。

  13. アクサダイレクトはCMで良く宣伝をやっていて、もし事故になった時に代わりに相手とお話してくれる対応が魅力的だと思ったからです。実際に事故が起きた時、気が動転して話をするどころではないと思うのでこういうサービスは自分のような人にとってありがたいと思いました。

ユーザボイスの調査方法について

本調査は2019年1月にWEBを通じて20名の方に対して調査依頼したものです。あくまでも調査に協力いただいた方の1意見としてご活用いただければと思います。

(Visited 204 times, 1 visits today)

著者の情報

日吉 浩之
日吉 浩之自動車保険の専門家
国内系大手損害保険会社でにて主に自動車販売会社の代理店営業を経験したのち、SBIホールディング社にて日本最大級の一括見積もりサイトの運営に従事。生損保約40社とのビジネスを介して、保険のダイレクトマーケティングを行ってきました。
是非この記事を評価ください

カテゴリー:通販型自動車保険